総務担当者必読!スマホの活用で通話料は抑えられる!

総務担当者必読!スマホの活用で通話料は抑えられる!

スマホ時代のコスト削減対策

外出することの多い営業マンなどに、スマートフォンを支給する企業は今や当たり前になってきました。街でもスマートフォンで仕事の電話をしている営業マンをよくみかけます。会社との連絡や顧客への要求にスピーディに対応することはビジネスでは欠かせないのですが、高額な通信費は頭の痛いところです。かといって、通話を控えるわけにもいかない。そんな悩みをかかえる企業の経営者、総務担当者の方々におすすめしたいのが、スマートフォンを活用したどこでも内線サービスです。



どこでも内線で社内・社外で素早い対応が可能に

どこでも内線サービスは外出先や自宅などで、スマートフォンを使って内線電話ができるという、インターネットを使ったクラウドサービスです。つまり社内にかかってきた電話を受けた人が、外出している相手に通常の内線電話をつなぐのと同じ要領で、電話を取り次ぐ事ができるサービスです。転送された相手は、かけてきた相手と外にいながらそのまま通話することができます。こういった顧客との通話はもちろんですが、外出先から社内にいる上司と相談する必要があるときにも、内線通話として話すことができます。事務所で転送する人は、今までは一旦電話を切り、相手に電話をかけて要件を伝える必要がありましたが、このどこでも内線サービスを使うと、通常の内線処理をすればよいので、かけ直す必要がなくなります。在宅での仕事を推奨する企業も少しずつ増えてきました。こういった場合も、このサービスを利用すれば、自宅にいながらオフィスにいるのと同じような環境で仕事が出来ます。また海外にいる場合でもデータ通信ができる環境にさえあれば利用可能なサービスです。




通話料や固定電話費を削減しオトクに

パケット通信を使い通話料を削減

インターネットでWifiや3G、LTEデータでデータ通信しますので、これまでかかっていた通話料金はかからず、通信費はゼロということになります(定額のデータ通信プランに入ってる場合)。このサービスを利用することで、かなりのコスト削減になります。海外に出張している営業マンの場合でもデータ通信さえできれば利用可能なので、国際通話を削減することができ、大幅なコスト削減が可能となるでしょう

固定電話も削減

スマートフォンを固定電話のようにして使用できるので、固定電話を置く必要もなくなり、オフィスもすっきりします。これから新たに会社を立ち上げたり、組織変更で電話を設置しなおす場合なども、固定電話を新たに購入する必要がないので、初期費用も抑えられます。今まで持っているスマートフォンに専用のアプリを入れるだけなので、新たにスマートフォンを購入する必要もありません。

img2_01-2




スマートフォンを活用したどこでも内線サービスは、オフィス内の作業効率もあがり、外にいながらも素早い対応もでき、更にコストも削減できるという、経営側にとっても事務所内外の社員にとっても、どちらにも嬉しいサービスです。






参考ページ

どこでも内線サービスのご紹介

海外からの通話コスト削減事例【どこでも内線サービス】



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です