ナースコール導入事例【ケアコム】

ナースコール導入事例【ケアコム】

PHS画面にナースコールの部屋番号が表示でき、 詰所に行く時間が短縮された

案件概要

お客様名 :グループホーム A園
客室数  :100床

導入の背景
・入居者へのサービス向上と職員の負担軽減を目的に、ナースコール更新とハンディナース(PHS)の導入を同時に検討

利用構成

・ケアコム製 ナースコール NICSS-R3

・ケアコム製 ボード型親機 Riefia

・ケアコム製 ベットサイド子機 等

導入のポイント

・入居者様が利用するベットサイド子機の使いやすさを追求

・全館にPHS基地局を整備するなど、PHSの利便性を向上させ、スタッフの連携をよりよいものにするといった点を心がけました

システムイメージ

ケアコム事例

効果

お客様の声

PHSの画面にナースコールを押した部屋番号が表示されるので、詰所に行き部屋番号を確認する時間が短縮され、応対速度が向上し同時に、職員の負担も軽減されました。

 

ケアコム事例2

呼出種別が確認できるようになった

今までは、アナログナースコールを利用していたため、一般や緊急などの呼出種別の判別ができませんでした。

ケアコム製デジタルナースコールを導入することで、呼出種別が簡単に確認できるようになり、対応の判断に役立っています。

 

参考ページ

ナースコールでお悩みの方へ【KOSのナースコール導入ソリューション】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です