ホテル・宿泊施設のインターネット環境を見直しませんか?

ホテル・宿泊施設のインターネット環境を見直しませんか?

インターネット関連の進歩の速さは、しばしば犬の年の取り方、「ドッグイヤー(人間の7倍の速度で年をとる)」にたとえられるほど。
7年前、あなたはまだガラケーではなかったですか?パソコンもまだまだデスクトップが主流でしたし、「ユーチューバー」なんて言葉もありませんでした。
インターネット環境はこの7年で非常に進歩し、まずスピードが段違いに早くなりました。

今、アマゾンプライムやHuluなど、テレビドラマ・映画などの映像作品をパソコンやタブレット、スマホで見ているという人が、とても増えています。なぜそういうことができるようになったかというと、やはり「ネット速度が速くなったから」です。
遅いままのネット環境で、そういう映像を見ようと思ったら、ダウンロードがあまりに遅く、途中で止まってしまったりしてしまいます。

7年前の集合住宅やホテル・宿泊施設向けインターネット環境といえば、VDSL方式がメインでした。光回線やLAN回線よりも安く、ケーブルを通せない建物でもインターネットが可能ということで、またたくまに広まりました。
しかし、今はどうでしょうか…すでに、その速度はかなり遅くなっていませんか?

VDSL方式を、何に変えればいいの?

現在主流になっているのが、無線LAN(Wi-fi)です。これがないホテルには泊まりたくない、という海外旅行客が増えるにつれて、日本のホテル・宿泊施設も導入が進んできました。
当然、最新の無線LAN(Wi-fi)は非常に速度が早く、映像のダウンロードや大きな容量のファイルのやり取りなども一瞬で済ませてしまいます。
それに比べると、古いシステムであるVDSL方式は、大変遅いと感じてしまうのです。

そもそもなぜVDSL方式にしたのか?というと、「各部屋に線が引けなかったから」という理由が一番多いかと思います。
無線LAN(Wi-fi)なら、そのような各部屋への工事は不要です。

ハッキングなど危険性や、事務所内の情報が漏れる恐れなどはないの?

ホテルWifiシステム構成図

無線の周波数を変えることによって、高いセキュリティレベルのネットワーク環境構築ができます。
KOSネットワークのホテル向けWi-Fiソリューションでは、ホテル利用者様が快適かつ安全にWi-Fiをご利用頂ける環境構築のため、専任のスタッフが現地調査(電波状況確認・各部屋での電波測定・既存ネットワーク調査)などをおこない、セキュリティを考慮した機器の設定を行います。

また、機器の取り付け完了後の最終の電波状況・通信速度の確認まで行い、つながりやすさと安全性を考慮したWi-Fiネットワークの完成までしっかりサポート致します。

導入の流れ

ビジネスマンや外国人観光客にとって客室でインターネットを利用できる環境は、そのホテルを選ぶ為の大きな要素のひとつです。 ロビーでのインターネットとは違い、ご利用者様に安心感を与えます。実際、お客様からご要望が来ているというホテルも 多いのではないでしょうか? 環境導入は、予算に応じて様々な種類がございます。一度、ご検討されてみてはいかがでしょうか?

保守サービスも充実

KOSネットワークなら保守サービスも充実。障害時もスムーズに対応致します。24時間保守などのオプションも用意しています。
現状、不透明になっているネットワーク全体を調査したうえでのネットワーク全体保守も可能です!
導入した業者と連絡が取れず、ネットワーク関係の問合せが出来ないとお悩みの担当者の方も、是非一度ご連絡下さい。

参考ページ

ホテル向け客室無線LAN(Wi-Fi)

ホテルの客室向けLANの比較

Wi-Fiソリューション導入事例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です