【通信速度でお悩みの方】ネットワーク環境のボトルネック解消法とは

インターネットアクセス回線を速くしたのに速度が上がらない!
通信速度でお悩みの皆様へ
お客様のネットワーク環境のボトルネックがどこにあるか探しましょう!

【原因】
①リモートワークにより外部からのアクセス負荷による速度遅延
②ZOOMなどのアプリケーション利用による負荷による速度遅延
【結果】
リモートワークにより「インターネットのアクセスが増えて
遅延が発生してるのだから、アクセス回線を見直そう!

「ちょっとまった!」

ネットワーク遅延のボトルネックはアクセス回線だけではございません。ローカル内で発生している可能性も考えられます。まずはローカル構成をベンダーにご確認下さい。ボトルネックがインターネットへのアクセス回線側か、ローカル側か確認し見直していくことをオススメ致します。
次ページ以降にローカル側のボトルネック解消提案をご紹介させて頂きます。

リンクアグリケーションによるボトルネックの改善

「Link Aggregation」、複数のケーブルを束ねて1本の論理的なリンクとし、広帯域で利用する技術です。耐故障性も向上します。※他社では、Prot Channel or Ether Channelと呼ばれています。
メーカーや機種により束ねることができる本数が異なりますが、ケーブル複数本(2本~4本)束ねてご利用が可能です。
現在、ご利用されている機種にてリングアグリケーションをご利用頂ける場合もございます。但し、中継HUBとセンタースイッチ間に空きポートがあります。

現状とご提案

幹線ケーブル見直しによるボトルネックの解消

幹線ケーブルをCat6Aまたは光ケーブルに変更し、対応するネットワーク機器を導入頂くことでボトルネックを解消することが可能です。10GB対応のネットワーク機器が高価のため、費用的にはリングアグリケーションよりも導入コストは高くなります。

現状とご提案

現状のイメージ

リングアグリケーション構築イメージ