PBXへの不正アクセス対策【製造業編】

PBXへの不正アクセス対策

S株式会社様の導入事例

案件概要

お客様名 :某製造業

従業員数 :約600人

導入の背景
・PBXに対し、乗っ取り(設定データの改ざん)や踏み台(公衆網からのアクセス)により外部から不正な国際電話発信が行われ、通信キャリアから数百万円にのぼる高額請求が行われる事態が発生しました。

・ PBXが乗っ取られないように、定期的にID/PWを変更することはできるが、国際電話の発信規制をすると業務に支障がでるのでなにかいい方法を模索していた。

ソリューション

CR1000 + PBX不正アクセス対策

・公衆網からの着信については国内・国際発信できないようにデータ設定を行う。

・しかし、国際発信規制を設定できず、不正アクセスの不安は残るので内部からの不正利用を着信管理アプリケーションCR-1000で管理、異常があった場合は担当者にメール通知

不正アクセス対策・イメージ図

利用構成

音声サーバ:PBX SV9300

・多機能電話機 40台

・一般電話機 400台

・着信管理アプリケーション CR1000(今回追加購入)

効果

お客様の声

CR1000の導入により、外部と内部両面からの履歴を管理できるようになり、リアルタイムに着信状態も管理することができ、安心して電話システムを利用できるようになりました。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です