固定IPを使用しない(DDNS機能)VPN構築事例

固定IPアドレスを使用しないVPNネットワーク構築事例

2拠点間で情報共有のためネットワークで結びたいが費用対効果の面が心配

案件概要

導入のきっかけ

医院と別建物の事務所をネットワークで結び、情報共有やバックアップの共通化などを図りたい。しかし、月額費用などは抑えたい

ソリューション

DDNS機能を使用したVPNソリューション
・NEC製ルータ【IX2106】のダイナミックDNS機能を活用し、固定グローバルIPアドレスや有料VPNサービスを使用せずにVPN環境の構築を実現。従来とは異なりインターネットプロバイダ料金のみで複数拠点をネットワークが繋ぐことが出来ます。

UNIVERGE IXシリーズ【NECサイト】

構成イメージ

NECが提供するDDNSサービスを利用することでVPNの月額費用が無料に!インターネットプロバイダ料金のみでVPN環境が構築できます。
2拠点間でファイル共有をしたいだけなど、まずVPNがどんなものか使ってみたいというお客様におすすめです。

利用構成

IX2106 ×2拠点分(現行のルータからリプレース)

効果

2拠点間がネットワークで接続されたことで対向拠点のファイルが閲覧可能になりとても便利になりました。

関連リンク

VPNソリューション紹介ページ
VPN導入事例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です