VPNソリューションで情報共有を便利に

  • 複数拠点で情報共有したいがDropBoxやGoogleDriveでの共有はセキュリティが心配
  • 別拠点の様子を確認したい
  • 拠点同士の通話料が高くて困っている
  • などにお悩みではありませんか。そのお悩み解決のためにKOSネットワークのVPNソリューションをぜひご活用ください。

    導入事例:VPNソリューションを活用した多拠点間内線通話システム構築事例
    VPN構成

    拠点間での情報共有をもっとスマートに

    KOSネットワークのVPN(Virtual Private Network)ソリューションを利用することで複数拠点がネットワークで繋がり、今までより、情報共有がスムーズになります。
    例えば

    • A支店やB店舗から本社の共有ファイルなどを閲覧・編集
    • 本社からA支店のPCを遠隔操作 拠点のデータを本社サーバに一括バックアップ
    • 本社とA支店で内線通話を利用可能(別途交換機工事必要)
    • ネットワークカメラを利用し他拠点のカメラ映像を閲覧

    など、複数拠点をまたいだやりとりがよりスムーズになります。今まで一つの施設内でしか操作できなかったシステムを他拠点からも使えるようになったり、ネットワークカメラと組み合わせて他拠点の事務所の様子をいつでも閲覧できたりと今までより1ランク上の情報共有を行うことが出来るようになります。

    DDNS機能を使用したVPNソリューション

    上記のようなVPNサービスを利用する場合、VPNサービス(フレッツVPNワイドなど)のVPNサービスの利用料が必要となりますが、DDNSサービスを利用したVPNソリューションでは、NEC製ルータ【IX2106】のダイナミックDNS機能を活用し、固定グローバルIPアドレスや有料VPNサービスを使用せずにVPN環境の構築を実現。従来とは異なりインターネットプロバイダ料金のみで複数拠点をネットワークが繋ぐことが出来ます。

    UNIVERGE IXシリーズ ダイナミックDNS機能【NECプラットフォームズサイト】

    構成イメージ

    NECが提供するDDNSサービスを利用することでVPNの月額費用が無料に!インターネットプロバイダ料金のみでVPN環境が構築できます。
    速度や信頼性など有料のVPNサービスと比べると見劣りする箇所もありますので、2拠点間でファイル共有をしたいだけなど、
    まずVPNがどんなものか手軽に使ってみたいというお客様におすすめです。

    安心・安全のVPNソリューションを提案します

    KOSネットワークのVPNソリューションではインターネット網の中に外部からのアクセス出来ない専用トンネルを作成し、そのトンネル内でデータのやりとりを行うのでセキュリティも安心です。

    また機器(VPNルータ)の故障・ケーブル断線などに備え、ネットワーク保守サービスもご用意しています。ネットワーク不具合のリスク低減に、是非KOSの保守サービスも合わせてご検討下さい!

    VPNソリューションを活用した多拠点間内線通話システム構築事例

    ネットワークソリューション