UNIVERGEどこでも内線

UNIVERGEどこでも内線サービスのご案内

どこでも内線

UNIVERGEどこでも内線サービスは、外出先や自宅からでもスマートフォンを使用し

インターネット経由(LTE/3G/Wi-Fi)で内線通話を可能とするサービスです。

スマートフォンとビジネスフォンを連動させることで様々なメリットを生み出すことが出来ます。


ご利用シーン

スマートフォンを内線端末として利用することで、様々な場所で内線通話をすることが出来ます。
ご利用シーン

UNIVERGEどこでも内線サービスを導入する3つのメリット

①利便性アップ

専用のアプリを使って社内・社外を問わず、お持ちのスマートフォンを内線端末として利用可能。

内線端末を持ち歩ける事によって、内線通話転送などビジネスフォン特有の機能をスマートフォンで利用できるので社内のコミュニケーションの効率化を促進することが出来ます。

②社内にある固定電話機の削減

スマートフォンを内線端末にすることで、デスクの固定電話機を削減することが出来ます。内勤で社内にいることが多い社員には固定電話機、外出が多く、社内にいること社員が少ない社員にはスマートフォン内線端末と使い分けることにより
コストの削減を実現することが出来ます。

これにより、電話主装置の導入時の費用を削減できます。

また、インターネットに繋がる環境ならどこでも内線通話が可能ですので、海外から利用することも可能です。事務所にかかってきた電話をそのまま海外にいる営業マンに転送することも可能になります。

③通話料金の削減

従来、社内の固定電話と出先の社員の携帯とで連絡する際は、

電話回線を利用して通話していたため、通話料金がかかっていましたが、

UNIVERGEどこでも内線サービスでは、固定電話と携帯電話との通信がデータ通信となるので、

従来かかっていた、通話料金の削減が可能になります。

また出張などで海外にいる場合でも現地でインターネットに繋げる環境さえあればデータ通信でのスマートフォン内線通話が可能ですので国際電話の使用料を削減することが出来ます。

構成イメージ図

イメージ

保留転送操作などビジネスフォン特有の機能をスマートフォンでも利用することができるので、どこにいても円滑なコミュニケーションが可能になり、業務効率化につながります。


導入事例

海外からの通話料金削減事例