複合機はリース品を利用するとこんなメリットがある

複合機はリースでお得に利用

複合機をリースで利用している企業は多く、起業をしたばかりのオフィスでも積極的に導入を考えている企業も多いでしょう。

リース商品は、レンタルに比べると価格面でもお得に利用できる事が多く、初期費用を出来るだけ抑えて起業をしたいという会社にも適しているでしょう。

そして、お得な点は何も費用だけに限ったことではありません。

複合機は、リースを活用することで実際にどういった商品なのかお試しで使うこともできます。

お試しとして利用することで、どういった機能がある商品なのかだけでなく、実際に活用することは可能なのかといった面でも判断することができるでしょう。

リースだからこそできるお試しはメリットと言えます。

同じ複合機でも、サイズや機能性、種類などは全く異なりますので、実際に利用してみて判断すると間違いはないでしょう。

また、企業によっては、アフターフォローが充実しているところもあります。

設置の際に利用方法をしっかりと伝えてくれるだけでなく、実際に利用する際の注意点、万が一の際の修理対応など、さまざまなフォローを行ってくれるところも多くあります。

修理屋さんを呼ぶとなると時間もお金もかかりますが、アフターフォローが充実している企業であれば安心して任せられます。

中には、そのアフターフォローは期間限定で決められている所もありますので、事前に期間を確認しておくことも必要です。

新製品が入ったら交換を勧めてくる企業もありますが、必要があればその都度交換をしてもいいでしょう。

その際、価格はどうなのかの確認を怠らないようにしましょう。

価格が上がる場合もありますので注意が必要です。

リースの複合機を利用する人の特徴

リースの複合機を利用する人は、主に以下に挙げる方が多くあります。

まずは、起業するタイミングにオフィスに取り付ける例です。

企業をする際には、先行投資としてさまざまな費用が発生します。

そのため、出来るだけコストを抑えないと、経営をはじめて初月から大幅な赤字となってしまう可能性があります。

赤字になってしまっては今後の経営に差し障る場合がありますので、出来るだけ費用を抑えることが重要です。

そのために、リース品を利用する企業が多いのです。

次に、移転するタイミングにオフィスに取り付ける例です。

移転をするタイミングで、機器自体を一斉交換、または一斉見直ししたいという企業もあるでしょう。

その際にお試し感覚で利用すると、どのようなものなのかが分かる場合があります。

お試し感覚だと気軽に利用できる場合もありますので、オフィス移転などのタイミングに活用しても良いでしょう。

移転時には心機一転として新しい物に買い換えることもありますので、その時期を利用して交換してもいいでしょう。

そして、個人経営のオフィスなど、比較的規模が小さめの企業に取り付ける例です。

規模が比較的小さいオフィスは、企業の規模に合わせて利用する機器を出来るだけ安くしようとした結果、こうした形を取るところも少なくありません。

また、期間限定で設置しているオフィスにも重宝するシステムです。

リース終了後は、担当の人に引き払ってもらえる場合が多いので、自身で撤去作業をしなくてよい場合があります。

リース複合機導入のタイミング

導入する流れは企業によってもさまざまですが、主にこれから説明する流れで利用する方が多くあります。

まずは、リース複合機を行っている企業に申し込みを行います。

申し込みを行う際には、企業の簡単な審査が入ることが多いですが、ほとんどの場合、問題なくクリアできるでしょう。

審査を無事にクリアした後は、そのまま機器の導入が行われます。

導入するスケジュールやタイミングを相談して、設置日を決定し、実際に設置が行われます。

設置をする台数や設置をする場所などによっても工事期間は異なりますが、ほとんどの場合、当日に設置が可能です。

この辺りは、業者にしっかり確認しておくことで把握することができます。

設置した後は、アフターフォローをしてくれるところでしたら、何かあっても問題ない場合があるので、そういった企業に依頼をするといいでしょう。

後は、こちらが必要とする期間、利用するだけです。

設置期間を過ぎても、企業によってはそのまま利用することが可能な場合があります。

その際、自動的に更新出来るところもあれば、改めて更新手続きを踏まないといけない場合もありますので、どちらのタイプなのかをよく確認しておきましょう。

事前に更新手続きを踏まないと使えないタイプの場合は、自動的に回収をされてしまう可能性がありますので十分注意が必要です。

流れは企業によっても異なりますので、具体的な流れを知りたい場合は、あらかじめ企業に問い合わせをしておくといいでしょう。

問い合わせは、電話やメールで行うことができます。

メールであってもできるだけ当日中に回答をもらえるように努力している企業もあります。