院内LANの導入・更新

よりよいインターネット環境へ見直しを

院内LAN

見直しの必要性

医療機関のネットワークは、一般の事業者以上の信頼性が求められます。そのため、ひとたびネットワーク障害が起これば診療ができない事態にもなりかねません。 各フロア間LANの二重化、無線LAN(Wi-Fi)の増強、主要なLAN回線のギガ・光対応などネットワーク再構築を計画していらっしゃいませんか?院内ネットワークの導入・更新なら信頼と実績のKOSネットワークにお任せ下さい!!

院内LAN更新の4つのポイント

①信頼性

ネットワーク障害は病院機能の停止に繋がりかねないので、二重化や障害検知など、
ネットワークの信頼性を高めたい。

②安定性

電子カルテをタブレットやノートPCで無線LAN(Wi-Fi)で利用するため接続を安定させ、速度も向上したい。
信頼できるネットワークインフラを整備したい。

③経済性

既存の機器を有効活用して導入コストを抑えたい。

④セキュリティ

電子カルテなど情報システムの導入が進むにつれ、医療機関における情報管理の重要性が増している反面、
機密情報、個人情報が流出・漏洩するという危険性を伴うので回避したい。
またUTM等のセキュティ製品の導入も検討したい。

ご要望をお伺いし、最適な院内ネットワーク環境をご提案いたします

導入の流れ

院内にLAN環境(有線・無線を問わず)が有れば、病室内からデータベースや電子カルテとの双方向の通信が可能になり、より効率的な運営が可能となります。1台の無線機器から電子カルテ用無線・病院利用者用インターネット無線
など複数の電波を利用するといったことも可能です。環境導入は、予算に応じて様々な種類がございます。
また、UTMソリューションなどの実績も豊富ですので、セキュリティ面も安心したシステム構造をご提案いたします。
一度、ご検討されてみてはいかがでしょうか?index01