保守サービス

KOS保守サービスだからできること

リモート診断で瞬時に対応

通常に通話できていても、PBX装置本体に異常が発生している場合があります。異常を放置すれば、深刻な通話不能状態をひき起こしかねません。

保守サービスをご利用の場合、異常時に発生するアラームランプの点灯をご連絡いただければ、すぐに担当者が装置本体のリモート診断を行います。

遠隔操作のため、現地にお伺いするのと異なり、瞬時に対応することが可能となります。診断の結果から故障部分を特定すれば、すみやかに交換部品をメーカーへ手配いたします。

定期点検で通話の空白ゼロ

電話機は定期点検や保守をおざなりになさっていては、いざというときのリスクが格段に大きくなるシステムです。 故障が発生してから修理を発注したのでは、通話ができない状態が続く事態になりコストに換算できないほど大きな信頼を失いかねません。

弊社サービスでは機器を末永く安心してお使いいただけるように、定期的交換の必要な蓄電池・メモリー電池の確認や部品の劣化のチェックなど、定期的な巡回・点検で故障の予防保守に努めます。

また、点検時には機器の状況を点検報告書提出と共に設備の状況・現在の機器の状態をわかりやすくご説明いたします。

小回りのきく保守運用

トラブル発生の連絡があった時、すみやかに保守員を派遣し修復にあたるだけでなく、必ずその案件の担当者を解決に当たらせます。弊社は保守員一人一人が情報を共有し、小回りの効いたサービスを心掛けています。

お客様のシステムを熟知した者が担当することで、原因の究明を素早く行ない、復旧を迅速に行ないます。もし担当者が遠方に居た場合は、代理で現場に向かう者との連携を密にし、電話システムの概要が伝わるようにしています。

情報共有する事でサービスの展開に小回りが効き、大規模組織にはないキメの細かいサービスが可能となっています。

保守コンサルティング

弊社のサービスは機器を末永く、安心してお使いいただけるように、お客様のシステムを把握しております。電話システムに使われている蓄電池、メモリー保持電池などの、定期的な交換が必要な部品は、交換時期が近付いたらご連絡しております。お客様によっては、消耗部品の交換費用を予算化しなければなりませんから、速めにご連絡しております。

保守契約ご加入のお客様には、保守点検の日程をご提案し、経年変化で交換の必要な部品をお知らせするなど、故障を未然に防ぐように心掛けています。ご利用のシステムに早急な変更(人事異動やレイアウト変更など)が必要になった場合も、保守サービスにご加入いただいていれば迅速な対応が可能です。弊社保守サービスには、工事の優先的な対応(保守工事)をお約束しております。

このように、弊社は保守サービスを「故障発生時の受け身のサービス」でなく、システムを安心して末永くお使いいただくための積極的なサービスを考えております。

ご予約・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。

050-3538-0425

お問い合わせ