AXモバイルリンクソリューション

AXモバイルリンクソリューション

2020年個人向けPHS利用終了の対策に最適

ビジネスフォン【Aspire WX】の機能を携帯電話で使えるモバイル端末連携ソリューションで、携帯電話を多機能電話機のように使うことが出来ます。
個人向けのPHSサービスが2020年7月末で終了するということもあり、スマホを利用した内線電話サービスに代替策としての注目が集まっています。

携帯電話を事務所の内線電話として使える

携帯電話で事務所宛の内線電話や内線転送を受けることができたり、携帯電話・スマートフォンから事務所の番号を使って発信することが出来るビジネスフォン【Aspire-WX】とモバイル端末の連携ソリューションのご紹介です。

従来は、外出中の社員宛の電話がかかってきた時、

1.お客様に不在の旨を伝え電話を切り、
2.外出先の社員に連絡し、
3.折返しの連絡をしてもらう

といった流れが一般的でしたが、AXモバイルリンク連携ソリューションなら、お手持ちの携帯電話と事務所のビジネスフォン主装置が連動することで携帯電話を内線端末として扱うことができるので、お客様からの電話を切ることなく外出先の社員に直接転送することができます。

携帯電話からオフィスの電話番号での発信が可能

また、お客様のところに携帯電話を使って発信する場合でも、「ビジネスフォン主装置と連携」することで、事務所の電話番号を使用して発信することが出来ます。プライベートの携帯電話でお客様に番号を知られたくない場合などに役立ちます。

またこの仕組みを利用するとオフィスの通話料で通話することになるので、携帯電話の通話料金を削減することが出来ます。

フューチャーフォンでの連携も可能

最近、ビジネスフォン主装置とスマートフォンを連携する仕組みなど多数登場してきていますが、こちらのモバイル連携ソリューションはフューチャーフォンでの利用も可能なのが大きな特徴です。従業員の利用端末がスマートフォンとフューチャーフォンが混在している環境でもご利用いただけます。

構成イメージ


ビジネスフォン主装置と接続された「モバイル連動用端末」と「携帯電話」が連動し、グループ間無料通話にすることで、携帯電話の通話料を削減するとともに携帯電話でのビジネスフォンの機能の使用を実現します。

 

お気軽にお問い合わせください。050-3538-0425受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら