介護業界のDXデジタルトランスフォーメーション

介護業界のDXデジタルトランスフォーメーション

2020年「介護事業者の倒産」が過去最多の見込みで、倒産急増の背景には、スタートアップ事業者の淘汰や介護人材不足があります。さらにCovid-19(新型コロナ)によりディサービスの利用手控えの影響もあります。
人材不足解消の一つの手段として、IoTを活用し一人当たりの生産性を向上させる方法があります。
ですが、IoTを導入するにはコストがかかり、簡単にはできないのが現状です。
とはいえ、IoT活用による、「介護の見える化」、「安心感のあるサービス提供」が、入居率と信頼性を向上させる方法の一つでもあります。

本サイトでは、スゴイものではなく、当たり前にあるものを活用し、「見える化」と「スタッフの働き」をサポートするIoT活用をご紹介致します。

介護施設の見える化

個人プライバシーの観点から、安心感のあるサービス提供のために、ネットワークカメラを導入する施設が増えております。導体検知ができ、スマートフォンに通知ができる「見守りカメラ」などもあります。高性能・高機能になるほど、やはり価格が高くなります。
スゴイものではなく、今あるものとの組み合わせることで、価格を抑えることが可能です。

「見守りカメラ」とは…

見守りカメラがあると、導体検知ができ、スマートフォンへの通知が可能です。見守りカメラから通知があった際、画像で状況を把握できるというメリットがあります。
従来のマットセンサーでは、誤報や失報が多く、従事者の負担が見受けられますが、「見守りカメラ」を導入し、画像と合わせて確認することで、駆けつけ回数の削減にも繋げることが可能で、従事者の負担軽減に繋がります。

介護スタッフの1日の歩数1万歩~1.4万歩(7㎞~10㎞)

この「見守りカメラ」の機能は、今あるものと掛け合わせることで、80%程度近づけることが可能です。
現在、使われているマットセンサー+汎用で安価なネットワークカメラを導入。
これで、コストを抑えて下記を実現可能です。
「入所者の見守り」「事故記録、抑止」「徘徊者の検知、記録」「従業員/入所者の行動記録」「侵入者監視」「訪問回数の削減」

介護業界では、人材不足の解消とケアの質の向上のため、最新のテクノロジーの活用した、DXが必要となってきています。
「見守りカメラ」以外にも、「眠りスキャン」を導入することで、訪問回数を削減できるだけでなく、入居者様の快適な介護を提供できるものをあります。また、助成金など活用し導入するのも一つの選択肢です。

働いている人が、幸せじゃなければ、良いサービスができない

人材不足以外にも、倒産を回避するためには、入居率を上げる必要があり、入居率をあげるためには、信頼される施設にする必要がある。一足飛びに解決できる問題ではありませんが、今あるものを、工夫することで解決できる問題もあるかと思います。
一度、今あるものを再確認してみてください。