産婦人科向けWi-Fi(無線LAN)工事のご提案

産婦人科向けWi-Fi(無線LAN)工事のご提案

お産で入院する方は、病人ではないため、暇を持て余していることが多い…というのは、最近よく聞かれることです。
また、他の科目に比べて診察時間が長く待ち時間が多い・子供をあやしながら待つことが多いという特色もあり、「待合室で無料のWi-Fiがほしい」という患者さん・ご家族さんのご要望が多いというのもよくお聞きします。
さらに、LINEやSkypeなど、いわゆる「テレビ電話」がスマホでできるようになった昨今、生まれた子供をいち早く親戚・友人に動画で知らせたい、というご要望も、年々多くなっています。

医療機器に影響しない?

Wi-Fiの電波には複数の種類があり、家庭用の機器など一種類の電波しか対応していないものを気付かずに使用していると、医療機器を使っている時間帯にWi-Fiが繋がりにくくなってしまうなどの問題が出ることがあります。そこで、専任のスタッフが現地で電波調査を行い、
・現状の電波使用状況の確認
・各フロアで快適にWi-Fiを使うための調査
・機器(無線アクセスポイント)が何台必要でどこに設置するのがいいか
など、しっかりと事前調査をします。

セキュリティの問題は?

家庭用のWi-Fi機器は、セキュリティといっても僅かな方法しか設定できません。KOSネットワークでは、Wi-Fi機器設定のスペシャリストが、セキュリティを考慮した設定を、お客様の要望に合わせて設定。
・接続パスワードが漏洩しても、許可したパソコン・タブレット以外からは接続できない
・同じWi-Fiに繋いだお客様のPC同士の通信をブロックする
など、高いセキュリティ設定・工事をしております。

ナースコール・電子カルテなどの充実も

もちろん、院内をすべて無線LANにするということは、スタッフ間のコミュニケーションや、ナースコール・電子カルテなどのシステム刷新にもダイレクトに繋がります。
最近は、スマホで受信するナースコールが「効率が上がった」「患者さんに優しいシステム」として人気を博しています。

参照リンク

産婦人科向けWi-Fiソリューション紹介ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です