ネットワーク保守サービスで、安心・安全なインターネットを

ネットワーク
先日、NTTの法人向けルーター機器に接続されたパソコンやスマートフォンの画面に意味のわからないメッセージが表示され、その後インターネットにつながらなくなるという障害がたくさん報告されました。これらはサイバー攻撃により、ルータの情報を書き換えられたことによる障害でしたが、それが判明したあとも、原因がわからない不具合・ウイルスが発見された事例などが多発し、これらのルーター固有の問題ではないかもしれないとの見解を発表した専門家もいます。NTTは、ルーターの設定を変更すれば不具合が解消するとホームページなどで発表しましたが、根本的な対策はまだ明らかにされていません。

企業によっては、インターネットが使えなくなってしまうと、業務のすべてが止まってしまうことになりかねません。特に送金システムなどお金に直結するシステムの場合や、病院・学校など個人情報を預かっている場合には、補償や賠償などの問題になる恐れがあります。一度外部から攻撃・侵入されてしまうと、それについての対策はいろいろ難しいものがあります。まずは攻撃されないことが、もし攻撃されても侵入されないことが大事です。

こういうネットワーク不具合へ対応するサービスがネットワーク保守サービスです。ネットワーク保守サービスでは、機器の不具合などの際も機器自体の再設定や代替機との入替などで早期解決を目指します。ネットワークの不具合に不安がある方は、ネットワーク保守サービスへの加入を検討してもよいかもしれません。

また、万一ネットワーク不具合に巻き込まれてしまった場合に備えて問い合わせ先を確認しておくことも重要です。
不具合が発生した際、NTTサポートに連絡するのはもちろんですが、ルータなどNTT以外で手配した場合は対応できないことが多いです。なのでルータを設置した際の業者の連絡先があると安心です。

参照リンク

KOS保守サービスの特徴
PC保守管理サービス
保守サービスの必要性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です