HISネットワークのご提案

HISネットワーク構築のススメ

HISネットワークを構築するにあたり、「利便性」「セキュリティ」「耐障害性」の3つのポイントに配慮した設計構築が重要です。

利便性

HISネットワークを構築することで他のシステムとの連携性を向上させる。

セキュリティ

機密性を考慮し、システムや課により所属するネットワークセグメントを分け、セキュリティを向上させる。

耐障害性

可用性を高めるため、コアスイッチを冗長化させる。エッジSW等は、予備機を保有し、復旧までの時間を短縮させる。

ハイブリッド型授業の「苦悩」をDXが変える!!

スタック機能で「負荷分散」と「冗長化」で可用性を向上

スタック接続とは、複数のスイッチを相互接続し1つの論理スイッチとして動作させることができる機能です。VRRPやSTPなどのプロトコルを使用しないため、装置の負荷が低減します。


“HISネットワークのご提案”では、HISネットワークの特徴やネットワーク構成イメージ、WiFi構築時の活用イメージなど掲載しております。 ご利用の際は、下記のダウンロードページにアクセスください。