便利さが話題のnecの電話交換機pbxについて

職場での円滑なコミュニケーションのために

電話交換機(pbx)は職場内での円滑なコミュニケーションを可能にする装置ということで人気を集めています。
電話交換機を用いると、家庭の電話では行うことができない、内線機能、複数の電話同士での会話、保留転送が可能になります。
内線電話でのやりとりには電話料金がかかりませんので、電話料金の費用を削減することができますし、更には一般の電話回線よりも多くの便利な機能を有していることでも人気を集めています。
そのため、多くの職場で導入されるようになってきています。

最近ではnecが提供する電話交換機システムが人気となっています。電話連絡可能な方を表示するプレゼンス機能や、メールのやり取り、チャット機能もついていますので、電話連絡の他に様々なコミュニケーションが可能になります。
この電話交換機での情報交換システムはサーバーを構築する必要がありませんのでとても経済的です。しかもインターネットを介していませんので、職場の情報管理セキュリティの面でも安心です。

複数の拠点間における電話でのやりとりを無料で行うことができるというメリットもこのシステムには存在しています。
拠点同士を内線で接続することが可能になりますので、とても経済的です。
専用の受信機も従来のプッシュ式の電話に比べて多くの機能ボタンがついていますので非常に便利なものとなっています。
受信機のテンキーにはバックライトもついていますので、目に優しい仕様となっています。
また、電話機の角度を45度の範囲で変更することができますので、机の上での機能性を高めてくれています。
新規に職場にシステムの導入を検討する場合には、necの電話交換機の導入実績を多くもった工事会社に委託をするといいでしょう。

病院内でのチーム力アップのために

電話交換機(pbx)のnec製を病院に導入してチーム力アップに成功したという事例があります。
従来は看護士さんにPHSを携帯してもらい、ナースコールに備えていましたが、機能性を高めるために、PHSからスマホに変更することでチーム力の高い医療体制を確立することに成功しています。
従来のPHSに比べて着信時間が短くて済むので患者さんにはとても好評となっています。
病院での業務は時間との勝負の部分もありますので、時間短縮は大きな恩恵を患者さんに与えてくれることになります。
pbxで管理されている最大16台分のスマホそれぞれについて内線番号を設定することも可能ですので、看護師さん同士の意志疎通も可能になり、チーム力の高い医療体制が確立されるようになっています。

病院で医療に携わっているスタッフ同士の組織的な状態がシステムの導入によって視覚化されることになり、自分の役割分担や相手の仕事の動向などを的確にとらえることが可能になり、よりチームワークのよい医療ができるようになったという評価を得られています。
他の病院でもその評判を聞きつけてpbxのシステムを導入するケースも増えてきています。
患者さんの状態などもインターネットを介してやり取りすることが無くなりますので、個人情報が漏れだすことも無いということでも人気を集めています。
病院の管理体制には非常に適したシステムであるといえます。
更には、ナースコールがなりやすい時間帯をデータ化することもできますので、効率の良い看護体制を確立することも可能になってきます。

メンテナンスシステムの充実

電話交換機(pbx)のnec製は経済的な面でも機能的な面でも大きなメリットをもっています。
しかしながら、仮にシステムがダウンしてしまうと、職場の機能ダウンが起きてしまうことは必至となります。
そのようなトラブルを最小限に食い止めるために、システムの導入時にメンテナンスシステムを検討してみるといいでしょう。

メンテナンスシステムを導入しておけば、24時間365日間の保守対応をしてもらえるようになります。
電話交換機は簡単に壊れてしまうようなものではもちろんないのですが、天災等によって機能が失われてしまうこともあります。落雷や地震によって、受信機が壊れてしまうことも考えられます。
そのような場合にメンテナンスシステムを導入しておけば、その日のうちに修理を行ってもらえるようになります。

また、リモート状態でシステムの不具合をチェックしてもらうこともできますので、安心です。
定期的な保守点検を依頼することも可能です。どのようなメンテナンスを導入すればいいのかわからないような場合には、コンサルティングをお願いするのもお勧めの方法になります。
自分たちの組織にとって最適なメンテナンスを提案してもらえるようになります。
更には、消耗品などの交換時期も情報提供してくれるようになります。部品の交換も適宜行いシステムのダウンを防止することも可能になります。
メンテナンスをお願いするメーカーはnec製の電話交換機の導入実績が豊富で、しかもメンテナンスの実績も豊富なメーカーに依頼するのが最適な方法になってくるでしょう。