test002
導入のきっかけ
set4電話はご承知のように、かければ必ず費用の発生するものです。この電話関連のコスト削減に頭を痛めていたっらしゃる経営者の方も多いのではないでしょうか。 そこで私どもの立場から、コスト削減の秘訣としてお教えしたいのが、電話システムのインテグレーションです。電話システムは、導入にこそ費用がかかりますが、長い目で電話関連のコストを見渡せば、かならず投資に見合ったリターンがあるものです。一見些細な事でも、チリも積もれば山となるの例えどおりなのです。これからそのメリットをいくつか挙げてみましょう。

ソリューション

そこで登場するのがPBXという装置です。これは、企業内の内線通話と、公衆回線を取り持つ装置の略称です。

このPBXは、内線の電話網を公衆回線に接続するための広い道路と言い換えることもできます。PBXを利用していない場合、直通の電話は平行して走る細い道のようなものです。すべての道が頻繁に往来していれば別ですが、電話使用の実体でそのようなことはあまり有りませんね。使用頻度の低い電話というのが必ずあるはずです。 通話の状況を交通に例えれば、細い道を何本も通しているより、全体の交通量をまかなえる広い一本の道路を通したほうが効率が良いはずです。もちろん、これは例えであって電話による通話の実体とは少し異なりますが、概念はこれでご理解いただけるものと思います。 PBXを利用することで、通話の全体量から直通の外線本数を決定することができようになるのです。極めて合理的ですね。 ダミーです

効果

そこで登場するのがPBXという装置です。これは、企業内の内線通話と、公衆回線を取り持つ装置の略称です。

set4 このPBXは、内線の電話網を公衆回線に接続するための広い道路と言い換えることもできます。PBXを利用していない場合、直通の電話は平行して走る細い道のようなものです。すべての道が頻繁に往来していれば別ですが、電話使用の実体でそのようなことはあまり有りませんね。使用頻度の低い電話というのが必ずあるはずです。 通話の状況を交通に例えれば、細い道を何本も通しているより、全体の交通量を。