wifiの会社設置に関するメリットやその方法について

KOSネットワーク トップ > コラム > wifiの会社設置に関するメリットやその方法について

wifiの会社設置に関するメリットやその方法について

wifiを会社設置するメリット



インターネットに接続するための通信手段として、今まではモデムを使用していました。モデムというのは、アナログとデジタルを変換する機械のことで、モデムを通してインターネットで情報のやり取りや送受信が可能となります。モデムを使用するにはルーターという装置が必要になるため、それぞれをつなぐためにケーブルを使用していました。コンセントに差し込み、モデムとルーターとパソコンをつなぐことで、データの送受信が可能になるのです。

しかしこの場合必ずコンセントを使用するので、パソコンやモデムなどはコンセントの近くに設置する必要がありました。ケーブルの長さも種類がありますが、場所や使用する台数によっては、無数のケーブルが邪魔になることもありました。それを解消すべく登場したのが、無線LANです。有線と違いケーブルがないので、見た目にもスッキリしますし、無線が届く範囲なら、必ずしもコンセントの近くでなくてもいいから、自由に移動できるなどメリットが増えます。

これは家庭だけでなく、会社やオフィスでも同じです。会社やオフィスの場合は、使用するパソコンの台数も多くなるので、全部が有線だとそこらじゅうケーブルで埋め尽くされる状態となっていました。これを無線にすることで、使い勝手もよくなり仕事の効率もアップすることから、会社設置するところが増えています。

ここで気になるのが、wifiと無線LANの違いです。結論から言えば、言葉は違いますが、両者は同じ意味を持っています。厳密には多少の違いがありますが、ケーブルを使用しないので、無線が届く範囲であれば、好きな場所でインターネットを利用することができます。有線と無線という違いですが、結果的には大きな違いになります。



wifi会社設置の方法



今はインターネットを使う時、パソコン以外にもスマホやタブレットなど選択肢が増えています。今までは有線だったので、ケーブルが届く範囲ならパソコンが使えましたが、ケーブルが届かない範囲での使用ができませんでした。今は無線LANがあるので、ケーブルにとらわれることなく、無線が届く範囲なら自由に使えるようになっています。

会社設置をする場合は、数台のパソコンを使うことも多く、パソコンの台数分モデムやルーターが必要だったのに対し、無線LANにするだけで、1台の無線機器で多くの端末が使えるようになっています。これは会社設置にはかなりのメリットです。ケーブルもないからスッキリしますし、場所を変えて作業したい時にも、ケーブルを気にせず移動することが可能となっています。

会社だけでなく、ホテルなどでも同時に複数のインターネット接続を必要とすることがあります。有線の場合は各部屋にモデムやルーターを設置しなければいけませんでしたが、wifiならケーブル不要で便利になっています。無線LANとwifiはほぼ同じですから、ホテルを選ぶ時、特にビジネス目的での利用者にとっては欠かせないものとなっています。

今はパソコン以外の通信機器を利用する人が増えています。スマホやタブレットを使用する場合、無線LANならキャリア通信費を使わずにインターネットが利用できるので、今までよりも通信費が安く済むというメリットもあります。ホテルでは同時に複数の人がインターネットを利用することがありますが、こういう時もwifiなら無線が届く範囲で快適にインターネットを使うことが可能となります。



wifi会社設置の例



wifiを会社設置するにあたり、どのような例があるかを紹介します。高齢化社会に伴い、高齢者向け住宅も増えています。高齢者向け住宅では、入居者だけでなくスタッフもインターネットを利用することが多くなります。無線LANを導入することにより、施設内の違う場所でも常に快適なインターネット環境を確保することができます。

ただし同じ場所で複数のインターネット利用がある場合、セキュリティーの面でリスクもあります。入居者も使えて、スタッフが施設内でスムーズに連絡を取ったり、共有ファイルを使用したりする時にも、無線LANは大変便利です。セキュリティーに関しては、入居者とスタッフを完全に分けて、入居者からスタッフにはアクセスできないよう制限を掛けることで、セキュリティー面のリスクも回避できます。

無線LANの会社設置例としては、病院での利用もかなり便利になっています。例えば大学病院のように、規模が大きく患者数も多く、入院病棟があるところでは、医師や看護師の連絡、患者からのナースコールなど常に連絡が取れる状態にしておかないといけません。今はスマホがあるので、各スタッフがスマホを常時携帯していれば、緊急時も連絡が取りやすくなります。しかし何かある度に電話を掛けるのは不便なこともあり、たくさん人がいる中で個別に連絡するというのは、意外と大変です。

こういう時はスマホと連動させることで、効率がグンとアップします。個人と連絡を取る時も、わざわざ電話をかけなくても、個人の内線番号にかけるだけでいいので、見た目にもわかりやすく、コミュニケーションが取りやすくなります。