pbxの交換時期や導入する利点について

KOSネットワーク トップ > コラム > pbxの交換時期や導入する利点について

pbxの交換時期や導入する利点について

pbxの交換時期について


pbxは別名、電話交換機と呼ばれています。通常、法人で使用される固定電話においては内線を使うことができます。内線は主に社内にいる人とやり取りをする時に使用します。社内で連絡を取り合うことは珍しくありません。例えば次にプレゼンテーションをする内容に関してアドバイスをもらうために先輩の社員に伺うこともあります。法人の規模によっても異なりますが、床面積が一般的な住宅よりも広いので、質問があるたびにデスクから立ち上がり、先輩のデスクまで行ってアドバイスを聞くことに手間がかかると感じる人もいます。また、業務の非効率化になるので、内線を取り入れる法人は多いです。また、会社においては外線も使用しています。外線は外からの連絡をしてきた時に対応する電話になります。例えばクライアントからの仕事依頼の電話や共同でプロジェクトを進めている会社からの連絡などで利用されます。このように法人には内線、外線どちらも利用機会が多いですが、この両方の回線をつなげる役目を行っているのがpbxです。
pbxがあることで内線を使用できる電話を外線へつなぐことができます。このように内線と外線をコントロールできるので、利便性が高いものですが、実際に交換時期を迎えることがあります。pbxの交換時期にはどのようなものを挙げることができるのでしょうか。交換時期として挙げられるのが故障が発生した時です。pbxもモノの一つになり、様々な精密部品や配線などが使用されているので、絶対に故障しないという保証を設けている製品はありません。故障する原因は様々なものを挙げることができますが、その一つに設置環境があります。例えば換気ができない比較的室内の温度が高い部屋に設置されているケースやほこりなどが室内に多く換気口が詰まっている場所に設置をすると故障リスクが高くなります。故障をすると当然使用することができなくなるので、故障をしたタイミングで交換する人は少なくありません。
その他の交換時期としては寿命を迎えた時です。寿命を迎えると使用できなくなるので、寿命を交換時期として設定して定期的に買い替えをしている会社もあります。その他にもリース契約をしている人は契約が終了する時期を交換時期として設定している人も多いです。基本的にリース契約をした業者によっても異なりますが、リース契約年数は平均で5年から7年のところが多いです。リース契約は更新できますが、新しい業者に変更したり購入することもできるので、交換時期にする人も多いです。

pbxを企業が導入する利点とは


交換時期を迎えた人の中には新しい製品を導入する人もいますが、法人の立ち上げで導入を検討している人もいます。起業など法人化を考えている人の中には仕事効率を考慮してpbxを導入する方も多いです。現在販売されている製品には様々な機能があり多くの利点を得ることができます。利点として挙げられるのが、チャット機能など電話以外の機能と連携できることです。実際に現在ではチャットを業務に活用している人は少なくありません。チャット機能が利用できれば教えてもらった内容を見返すことができ、業務効率化を図ることができる可能性もあります。
その他の利点としては専用サーバーの構築が不要なことです。専用サーバーを構築するためには金銭的な負担が大きくなります。例えばハードウェアやサーバー設計の依頼など費用がかかります。一方で最新のpbxの中には不要でエントリーシステムを構築できるので、費用面でもメリットを感じる人は多いです。使いやすい製品が多いことも利点です。使いやすい製品を取り入れれば、導入後の負担を少なくできます。例えば大型ディスプレイを採用したり、アイコン表示が可能な製品もあり、見やすいものもあります。また、簡単操作ができるように電話帳操作をスムーズ化している製品もあります。このような利点があるので幅広い業種の法人が利用できるでしょう。

pbxを導入する業者の選び方のコツを知る


交換時期を迎えた人や、新しく製品の導入を検討している人もいますが、現在pbxのサービスを提供する業者は多いので業者選択に迷う人も多いです。選び方のコツは、どういった導入実績があるのかどうかです。
例えば販売、導入をしてくれる業者の中には今まで数多くの実績があるところもあります。病院向けの製品だけでも数多くの施設に提供しているところもあります。もし導入実績が多い業者を選択すれば今までの知識や経験を活かしてアドバイスやサポートをしてくれる確率が高くなるので一定の魅力を感じることができる人も多いです。
業者を選ぶ時にはどのような保守サービスを実施してくれるのかも選ぶ際にコツになります。基本的に製品を運用する際には保守が必要になることもあります。もし保守サービスが充実していれば何かトラブルが発生した時も素早く対応してくれる可能性が高いので保守サービスの充実度で選択する人も珍しくありません。