pbxには代表メーカーがある!特徴はどんなもの?

KOSネットワーク トップ > コラム > pbxには代表メーカーがある!特徴はどんなもの?

pbxには代表メーカーがある!特徴はどんなもの?

pbxとは何か?


現在日本ではさまざまなネットワークツールが増えており、はじめは電話やメールしかなかったものも、現在ではチャットや通話アプリなど実に種類が豊富になり、そのどれもがわたしたちのコミュニケーションをとるうえで欠かせないものになっています。しかしながら今回ご紹介するpbxは、比較的昔からある連絡ツールの機械でありながら、きちんと把握している人は少ないのではないでしょうか。
pbxとは、いわゆる「構内電話交換機」と呼ばれるもののことで、private branch exchangerの略とされています。これは簡単にいうと、電話の外線と内線を交換する機能なのですが、ビジネスの場で使われることが多いものです。社内で使う用の内線電話と社外からの電話とつながる外線電話の両方を使用できると、より業務を効率的におこなうことができるのです。
こうしたpbxは日本における代表メーカーがいくつかあり、どれも日本を代表する電話メーカーばかりです。以前はアナログ電話用の交換機が多かったのですが、現在ではデジタルのものが主流となっており、さまざまな機能もついて進化しています。いったいどんな種類があり、どんな代表メーカーが活躍しているのかをご紹介しましょう。
pbxときいてもなかなかぴんとこない人も多いかもしれませんが、会社でビジネスをおこなう方々にとって欠かせないものとなっています。内線同士で会話ができるようになっていたり、その間に外線がつながらないように回線を切り替えて話すことは、業務上とても大切なことです。これを期にぜひ一度基本的なことや代表的なメーカーを知り、電話についての知識を深めることで、仕事に役立てることもできるのではないでしょうか。

デジタルとアナログ


一昔前まで、電話はアナログであり、pbxもまたアナログなものが使われていました。主な使い方は会社に設置することで外部からの電話と内線を交換できるようになっていることです。大きな会社で複数の部署があり、なおかつその部署をまたいだコミュニケーションが必要となるとき、わざわざ席に出向かなくてもpbxを使って話せることはとても便利で、業務の効率化にもつながります。
現在となってはデジタルのものが主流となっており、これまでのアナログなシステムに比べて、いくつかの機能が追加されるようになりました。このことはビジネスを大きく変化させたのではないでしょうか。例えば、単に電話の回線を交換するだけではなく、企業で使っているネットワークに接続できるようになったり、電話以外にもFAXと合わせて使えるようになるなど、非常に便利なサービスが多数追加されています。また、例えば出先から社内の特定の人物に電話をかけられるようなダイヤルインと呼ばれる機能が追加されていることもあります。
短縮したダイヤルに掛けられるようになったり、不在の場合に転送できるようになっていたりと、非常に多くの便利なサービスがあり、これらはビジネスを常にサポートすることになります。現在では大人数の会社では日常的に利用されており、ビジネスパーソンの方々は使ったことがある人も多いのではないでしょうか。
このように、これまで使われてきた内線と外線の交換機は常に進化の一途をたどっており、今後もあらゆる企業の中で活躍していくことでしょう。こうした交換機を展開している各代表メーカーは日々改善し続けており、サービスは進化を遂げていっているのです。

進化するpbxとテクノロジー


これまで代表的なメーカーたちが日々改善に努め、変化し続けてきたpbxですが、現在もその進化は止まることがなく、多くのテクノロジーを生み出しています。例えば、今までは社内のみで使うことができた内線の機能が、スマートフォンと連携させることにより、外出先や出張先でも使えるようになったことはとても大きいでしょう。出張先や外出先で打ち合わせをしているときなどに、急ぎで確認したいことなどがあるのは日常茶飯事です。自分のスマートフォンから直接特定の社員に電話をできることになれば、効率的なビジネスにつながります。
また、忙しいときや電話に出られないときなどに、自動音声応答システムによって対応してくれる便利なサービスも開発されています。電話に出て自分宛ての電話ではなかった場合、ほかの社員につなぐことになりますが、自分が出て内線をかけて相手に伝えて、と作業をしていると、時間がかかり非効率になってしまいます。時間に余裕があるときはともかく、忙しい時は電話よりも少しでも多く自分の業務に時間を割きたいと思っている方も多いはずです。そんなときに自動音声応答システムを使っていれば、不必要な電話に出る必要がなく、作業に集中することができます。
このように昔から使われている内線と外線の交換機は、いまやその役割だけにとどまらず、さまざまな技術を兼ね備えたものに進化しています。それは常々代表メーカーたちが改善を重ね、よりよいものにしようと努めてきたからです。わたしたちはこうした便利なサービスをうまく使うことで、より自分たちの業務に集中することができるため、pdxは今後もビジネスパーソンの大切な相棒として活躍していくことでしょう。