pbxについての豆知識

KOSネットワーク トップ > コラム > pbxについての豆知識

pbxについての豆知識

pbxとは


pbxというワードを耳にしたことがある人もいれば、何を意味するのか分からないという人もいるでしょう。pbxとはprivate branch exchangerの略で電話交換機のことを意味します。基本的にこの機器は一般家庭で導入されるというケースは珍しくなっています。なぜなら、その必要がないケースが多いからです。主に設置する場所としては内線電話と外線電話同士を交換する機会が多くある企業などになります。
この製品の中にはtcp/ip通信を使用して音声データを送受信するタイプも存在しますが、現在では通信事業者がネットサービスを提供してこの機能を企業や団体に提供するケースもあります。このネットサービスとは主にクラウドサービスになります。現在ではクラウドサービスという言葉を耳にする機会が多くなりましたが、このような通信事業においてもクラウドサービスは取り入れられています。
企業の中には業務の利便性を高めるためにpbxの導入を検討しているところもあるのではないでしょうか。最近では規模に関わらず導入している企業が多くなっています。大規模な企業や団体、小規模の中小企業などでも導入がされており、大規模なところでは着信選択制御システムを持ち、小規模はこのシステムを持たないケースがほとんどです。大規模においては企業の社員同士が使用することに使われるのではなく、コールセンターなどにも活用されることがあります。コールセンターは大企業の中には持たないところもありますが、多くの企業で顧客をサポートするために取り入れられています。
特に通販で販売を行う企業や、サービスを提供し疑問点などに応えるために導入している企業も存在しています。つまりビジネスフォンとして使われないところもあります。一方で小規模な構内交換機においては少数の公衆回線と、内線を使用することができ、ビジネスフォンとして活用されるケースが多くなっています。小規模にせよ大規模にせよ導入を検討している方の中にはどのような魅力があるのかを知りたいという方もいるでしょう。

pbxの導入メリット


pbxを導入することによって得られるメリットの一つとして挙げられるのが、導入のしやすさです。例えば製品によっては社内LANに接続するだけで内線電話網を確率することができるので、短期間での導入が可能です。さらにコストにおいても他のサービスに比べて大規模な工事などが必要ないケースが多く、実際に少ない期間で導入をしている企業は珍しくありません。現在ではスマホの普及はめざましく、年代に問わずに多くの人に支持される電話機の一つになっています。スマホは唯単に電話機能だけを利用できるということではなく、電話機能に加え、メールやアプリケーションの使用など、パソコンに近い操作が可能なため私達の生活を豊かにしてくれる製品の一つに数えられます。
pbxにおいてはこのスマホ端末との連携をすることができます。例えばwifiに対応しているpbxを導入すれば特定の電話機でなければ使用できないということは減り、電話機をスマホとして運用することができます。スマホは周知の通り、コードレスでコンパクトなため持ち運びがしやすく、スマホと連動できることに一定のメリットを感じる人も少なくないでしょう。スマホだけでなく、パソコンと連動することもできます。パソコンと連動できることで顧客との会話のやり取りを録音することができたり、コールセンターと連動させたりすることができます。パソコンと連動をすれば業務の効率化などを期待することができ、同時にサービスのアップを図ることが可能となるでしょう。
管理が容易な点もメリットの一つです。例えば端末はIPアドレスで割り当てられているので、もし席替えなどが発生した時でも電話番号を変更することなく移動をすることが可能です。このようにメリットが豊富で、魅力を感じることができる人は少なくないでしょう。

pbx導入業者の選び方のポイント


現在、wifiに関する製品やpbxのサービスを提供する企業は複数社存在するので、もし導入を検討している場合はポイントを把握してから選択をしましょう。ポイントの一つとして挙げられるのが、充実した保守サービスを提供してもらうことができるかどうかです。基本的に導入をする時もコストがかかりますが、運用にもランニングコストがかかるケースが多くなっています。しかし、購入をする時は初期コストに目が行きがちで、運用にまで目を向けられない人がほとんどです。そのため、導入をする時は保守サービスの有無を確認しましょう。
保守サービスがあればランニングコストを抑えることができる可能性があります。また、安心して使用することができるので、利点であると感じる人は多いでしょう。さらに、導入業者の中には保守サービス継続率90パーセント以上を維持し続けているところもあるので、そのような業者から導入して保守をしてもらうと安心して運用ができるのではないでしょうか。