電話交換機のメンテナンスと特徴と導入について

KOSネットワーク トップ > コラム > 電話交換機のメンテナンスと特徴と導入について

電話交換機のメンテナンスと特徴と導入について

電話交換機のメンテナンスの必要性について



電話交換機は医療機関など既に多くのところで導入されていて、実際に業務で使用しているところも少なくないでしょう。しかし、導入後のメンテナンスに関して不安を感じる人もいます。基本的に電話交換機を自分たちの力だけでメンテナンスすることは難しい場合が多くなっています。実際に行うためには知識や技術が必要になります。そのため、業者に依頼をする企業が多いです。では実際にメンテナンスの必要性にはどのようなものがあるのでしょうか。

例を挙げると、事業継続ができなくなるリスクが高くなります。実際に受話器を上げても音が聞こえないといったトラブルが発生することがあります。医療機関では患者さんの対応やスタッフ同時の連絡などに使用されるので、故障してしまうと患者さんの対応やスタッフ同士の連携ができないので業務に影響を与えることになります。会社でも外部の連絡や内線を使用して社内でプロジェクトの相談などを行う機会も多いので、トラブルが発生すると業務を行うことができない可能性があります。電話交換機に絶対壊れないという保証はないので、その点に必要性を感じる人は少なくないでしょう。

その他の必要性としては落雷です。特に気候が不安定な梅雨の時期や夏の季節には落雷が発生することがあります。ニュースでも報道されることがしばしばありますが、落雷が原因で火災が発生することもあります。当然、病院や企業にも雷が落ちることはあります。落雷が発生すれば電話機器が故障してしまう可能性があります。特に電話機器は精密機器になるので、雷による故障リスクは比較的高くなります。もしメンテナンス契約をしていないと落雷が発生した時に復旧に時間がかかることになります。さらに、落雷だけでなく、地震や台風もあります。地震が発生すると家屋の倒壊や火災、津波など甚大な被害をもたらすケースもあります。また、台風が到来すると長時間停電する可能性があります。もし契約をしていないと落雷と同様に業務再開に時間がかかることになります。実際に地震や台風が日本列島を襲うことは珍しくないため、事業継続をするためにもメンテナンスは電話交換機を運用する上で必要なことの一つです。



最新の電話交換機の特徴について



電話交換機は以前からありましたが、最新の製品は従来よりも利便性が高く魅力を感じることができることも多くなっています。

特徴の一つはサーバー構築が必要ないことです。サーバー構築は手間がかかりますし、さらに自社だけで構築ができない場合は、業者を利用することになるので費用がかかります。サーバーを構築すると運用が必要になるので、ランニングコストや管理の手間もかかることになります。一方で最新のものはサーバーの準備が必要ないため、構築や運用管理の負担を和らげることができる場合もあります。その他の特徴はセキュリティが強いことです。実際に電話交換機を導入する企業の中にはセキュリティに不安を抱える人もいます。

例えば、インターネットは情報を共有することができる上で利便性が高いですが、一方で外部と繋がることで侵入の危険性なども考えることができます。最新のものを導入すればインターネットを経由せずに運用することができます。ネットを介さないため、セキュリティに強く、情報が漏れたり外部からの侵入されるリスクを少なくすることができます。内容や相手に合わせて円滑な連絡ができるようにサポートしてくれる点も特徴です。実際に会社や病院などではスタッフ同士が連携して業務を行うことが求められます。もし円滑なコミュニケーションができなければ業務効率が悪くなる恐れがあります。

話の内容によっては重要なことを話さなければならないこともあり、連絡する時には電話など適切なコミュニケーションツールを選択したいです。このように連絡する時にサポートをしてもらうことで業務を円滑にし、更に重要な内容も相手に伝えやすくなります。



電話交換機の導入やメンテナンスサービスについて



電話交換機の導入をする時は、導入をしてもらう業者や製品を選択することになります。実際に製品によって機能や使いやすさなどが異なることが多く、製品選択を慎重に行う法人も多くあります。また、導入をする人はメンテナンスについても考慮する必要があります。実際に、導入やメンテナンスを同時に扱うところもあります。例えば、業者に依頼をすれば障害などが発生した時には即日に対応してもらうことができます。そのため、万が一のトラブルが発生した時も解決してもらえるため運用不安が少なくなります。

また、部品交換などもしてもらうことができます。例えば落雷によって部品などが破損することもありますが、自社のみで管理をしていると必要な部品をすぐに調達することはできませんが、サービスを利用することで部品を調達する手間などを削減できます。導入をする時は製品の質だけでなくメンテナンスも考慮して業者を選択するようにしましょう。