電話システムの中心・ビジネスフォンの耐用年数は

KOSネットワーク トップ > コラム > 電話システムの中心・ビジネスフォンの耐用年数は

電話システムの中心・ビジネスフォンの耐用年数は

6年が基本的な耐用年数と考えよう


ビジネスをするにあたって電話システムは欠かせないでしょう。社内のコミュニケーションをとるためにも欠かせないですし、お得意先との打ち合わせをする際に電話を使うことも多いでしょう。電話システムに関してスマホなどは定期的に入れ替えている企業は多いでしょうが、ビジネスフォンは長年そのままの状態で使っているというところも少なくないかもしれません。しかしビジネスフォンにも耐用年数がありますので、寿命が近づいてきているのであれば速やかに交換することが大事です。
ビジネスフォンの法定耐用年数を見てみると、6年間と言われています。ですからビジネスフォンを導入して6年経過したら、交換も視野に入れるといいでしょう。ただしあくまでも先に紹介した6年間というのはあくまでも法定の耐用年数です。もちろんこれよりも長く使用し続けることも可能です。法定耐用年数を超えて同じビジネスフォンを問題なく使い続けている企業もたくさんあります。ただし10年を超える年数を使い続けているようであれば、いつ故障してもおかしくありません。
近年ではIP電話といってインターネット回線を使った電話システムを導入しているところもあるでしょう。こちらの耐用年数も先ほど紹介したビジネスフォンとあまり大差はないと思っていいでしょう。

環境の良し悪しによって寿命は変わってくる


このようにビジネスフォンには一定の耐用年数があります。ただし寿命がどうなるかは、どのような環境で電話を使っているかによって変わってきます。温度を適温に保たれて、ほこりが少なく掃除を丁寧に行っているオフィスであれば、寿命を延ばすことも十分可能です。またビジネスフォンのような電気機器の場合、使用すると熱を発します。この熱をうまく逃さないと機械の中に熱がこもってしまいます。機会にとって高温の状態で長くさらされると、どうしても故障リスクが高くなります。そこで放熱しやすい環境を整えることが大事です。そのためには、ビジネスフォンの周りには余計な荷物・物を置かないように心がけることが重要です。荷物や物が置かれていると熱が外部に逃げにくくなります。その結果、熱が機械の中にこもりやすくなり寿命を早める結果につながりかねないわけです。
ビジネスフォンの寿命を短くしてしまう環境として、まずあまり掃除を行っていなくて汚れている部屋が挙げられます。このような環境だと、どうしてもオフィスの中にほこりがたまりやすくなってしまいます。人が行き来するたびに床などにたまっているほこりが空気中に舞い上がってしまいます。それがビジネスフォンにかかる可能性も十分あります。ビジネスフォンには放熱するためのファンや換気口がついているはずなのですが、ほこりによって目詰まりを起こしやすくなります。その結果、放熱が難しくなって機械内部がどんどん高温になってしまい、故障しやすくなるわけです。また夏場エアコンなどを使っていても、直射日光が入ってきてなかなか室温が下がらない場合も注意が必要です。また湿度対策もしっかり行うことです。もし湿気のこもった部屋の中でビジネスフォンを使い続けると、機械内部で使われている金属や端子が腐食を起こしやすくなります。その分劣化も早くて、交換を早めに行わなければならなくなるかもしれません。

耐用年数を超えて使い続けるとどうなる?


耐用年数を超えてビジネスフォンなどの電話システムを使い続けると、いろいろな不具合が出やすくなります。その結果、せっかくの電話システムもうまく機能しなくなり、仕事に影響を与える恐れも出てきます。例えばビジネスフォンの場合、液晶画面がついている機種も多いでしょう。電話がかかってくると連絡先が表示されるので、誰からの電話なのか受ける前にわかります。しかし耐用年数を超えたものを使ってくると液晶の劣化の進む恐れもあります。すると液晶画面の表示が薄くなって見にくい、もしくは全く表示できなくなることも考えられます。またビジネスフォンが劣化することで、着信音が鳴らなくなる、電話機のランプが点灯しなくなることも考えられます。すると着信があっても誰も気づかないということも起こりえます。電話を何度かけても無視されるとなれば、相手からの印象も悪くなるでしょう。ビジネスに悪い影響が出る可能性も否定できません。
またビジネスフォンの基盤が劣化したままで使い続けると、通話をする際に音量が小さくなることもあり得ます。そうなると相手が何を言っているのか聞き取れず、何度も聞き返すことにもなりかねません。結果的にスムーズなコミュニケーションが取れなくなって、非効率的になります。また更に劣化が進むと、通話が途切れ途切れになってしまう、話をしている最中であるにもかかわらずと切れてしまうといった被害が出てくるとも限りません。このような不具合が発生しているのであれば、電話システムを一新したほうが良いでしょう。