病院でwifiを活用しよう

KOSネットワーク トップ > コラム > 病院でwifiを活用しよう

病院でwifiを活用しよう

病院でwifiを活用する魅力


wifiは今ではあらゆるところで取り入れられており、現在ではこのワードを知らない人の方が少ないでしょう。例えば住宅に目を向ければ、一般のご家庭の多くは工事をして設置し、パソコンやテレビなどに接続をしています。無線で利用することができるので、正しく設定をすればネットワークを活用することができます。家でもパソコンを利用してインターネット検索をしたり、プリンターなどに接続をしたりすれば無線で印刷が可能な製品なども販売されており、様々な事に活用できるので、生活に利便性が高くなります。
企業に目を向ければ、クライアントとメールのやり取りをして言葉を交わしている会社も多く、またデータのやり取りをしているところもあります。近頃は街にいくつもの病院があり、病気や症状に苦しむ患者さんのサポートをしています。このような場所でもwifiが取り入れられていることを知っている人もいるのではないでしょうか。業者の中には一般家庭ではなく、病院などに設置するwifiを扱っているところもあります。大きな病院などでは既に導入をしているところも多いですが、これからクリニックの開業を検討している人や、小さな規模で患者さんのサポートしているところでは導入を検討しているところもあるのではないでしょうか。
では活用することでどのような利点が生まれるのでしょうか。活用することで様々な魅力を得ることができます。例えば院内のスタッフのやり取りに活用できる点です。スタッフ同士で患者さんの病状などを共有したい機会も存在しますが、そのような時には離れた場所でもインターネットに接続できる機器や専用のアプリケーションが導入されていればデータ共有ができるので、業務効率化などを期待することができます。更に、接続できる端末はパソコンに限ったことではありません。例えばタブレットなどにも接続することができるので、持ち歩いて資料を確認した時に上手く活用できる可能性があります。このような魅力があるので取り入れる病院も多いですが、製品の選択には慎重になる院長が多いようです。

病院で活用できるwifi製品の選び方


病院は基本的に場合によっては企業よりも重要な個人情報を扱う可能性が高い法人になります。wifiはネットワーク環境を構築することができ、そのおかげで私達の生活や仕事の効率をアップすることができますが、同時にセキュリティに関しても考慮しなければなりません。データを閲覧する時はそのデータにアクセスをします。認証なども行われますが、もしセキュリティが軟弱であれば、第三者にデータを盗まれる可能性があります。基本的に扱うデータは患者さんのデータで、そのデータには名前や住所、電話番号などの基本的なデータはもちろんのこと、その他にも患者さんの病状に関する内容、レントゲンデータなどが含まれる可能性があり、データ流出は大問題に発展する可能性があります。そのため、wifiの製品を選ぶ時にはセキュリティに関してしっかりと配慮をした上で購入を検討することが求められます。
セキュリティだけでなく、安定性も製品に対しては求められます。例えばネットワーク速度が高い水準で安定をしていれば、スタッフはデータに素早くアクセスすることができるので、作業効率が悪くなる可能性が少なく、使いやすいネットワーク環境を構築することができます。
また、障害検知などができ、ネットワークの信頼性が高い製品を選択すれば、障害などが起こりづらいものを導入できるため、患者さんのデータなどを登録する時に不安を感じることが少なくなります。その他にも製品を選択する時は経済性を考慮しましょう。病院の運営にはとても多くの費用がかかりますので、なるべくwifiを安く活用したいと思う人も少なくないでしょう。見比べをして安い価格のものを取り入れ、コスト負担を軽減しましょう。

業者の選び方のポイント


病院で活用できるwifiを導入してくれる業者は一社ではなく、複数の業者があるので、業者を選ぶ時にも慎重に選びたいと思う人は少なくないでしょう。選び方のポイントとして挙げられるのが、ヒアリングなどを行ってくれるかどうかです。病院への導入を検討している方の中には活用することや運用することに疑問点や悩みなどを持っている人も少なくないでしょう。そのような方がヒアリングが提供されない業者を利用すると不安などを払拭することができません。ヒアリングを提供してくれる業者を選択すれば少ない疑問点や現状に関する相談を乗ってくれるので一定のメリットを感じることができる人も少なくないでしょう。
その他の選び方のポイントは予算や施設規模に対してシステム提案をしてくれるところを選択します。予算や施設規模を考慮してくれる業者を選択すればその施設に合ったwifiを取り入れることができるのではないでしょうか。