産婦人科でwifiを導入するメリットとその方法

KOSネットワーク トップ > コラム > 産婦人科でwifiを導入するメリットとその方法

産婦人科でwifiを導入するメリットとその方法

医療機関で進む電子化


近年、病院にてインターネット環境が充実してきています。今までは手書きであったカルテも電子カルテへと変化をしています。電子化することによってデータ保管がしやすく、なおかつ個人情報管理も厳重に行うことができるようになっています。今までよりも簡単にデータを見つけることができますし、膨大なデータもから必要なものがすぐに取り出せ、なおかつ場所もとりません。クラウドでつなげておけば、すぐに色々な場所で閲覧できるので便利であるため、導入している病院はどんどん増えています。
それ以外にも、様々なソフトを導入することによって今までに比べて作業効率が格段に上がることが増えてきています。医療関係の仕事というのは、特に日々の仕事が多いというのが特徴です。医療事務であったり看護師であったり、医療従事者は常に色々な文書を作成しています。書類を作成しながら、なおかつ備品の発注や勤怠管理ということも行わなければなりません。また、医療現場というのはミスをするのが許されない場所です。薬や処置の取り違えをすると、場合によっては命を落とす危険性もあります。そこで、このような仕事をするにあたってソフト導入をすれば、人間の目視の管理に加えてコンピューター管理もできるため、ミスを減らすことができます。
そして、クラウド化することでタイムカードを通すだけで自然と勤怠管理ができたり、給与計算ができたり、カルテ記入や処置記録を残すことで自動的に在庫管理ができて備品発注ができるようになったりと、業務効率が格段に上がります。そのため、多くの病院ではこのようなサービスを取り入れることが増えており、それに伴ってwifiを導入するという病院が増えています。産婦人科でもこの動きは高まっており、最近ではwifiを使ったサービス利用をしている産婦人科は増えてきています。

wifiの取り入れ方


病院内でwifiを導入するにあたっては、かなりの設備投資となるためきちんとメリットや気になる部分の確認をした上で取り入れることが理想です。必要なサービスや行いたい取り組みが何かをきちんと考えておかなければ、サービスを始めても利用したいと思っていた機能が使えなかったり、予想以上にランニングコストがかかってしまったりすることもあります。そこで、導入にあたってはしっかりと各社のサービスや機能、性能を確認しておくことが重要です。
特に産婦人科では、仕事が多忙であることや待ち時間が長いことから、wifiの導入を検討するクリニックが増えています。病院側のメリットだけでなく、患者側にも待ち時間でフリーwifiを利用できれば待ち時間や入院中の生活を有意義に過ごすことができるようになるため、とても人気となっています。産婦人科選びの基準として、wifiが利用できることを候補に入れるという人も少なくありません。病院の運営のためだけでなく、多くの人に利用される産婦人科となるためにも、導入について考えることは損はないでしょう。
このようなことから、利用するにあたっては病院側だけでなく、病院利用者向けにもインターネット接続ができるものを取り入れることがおすすめです。最近では待合室や病室での使用ができるネットワーク環境の整備をしているクリニックも少なくありません。そして、そのような形での取り入れ方ができるネットワーク会社が増えているので、このようなサービスを行っている通信会社のものを取り入れるようにしましょう。
業者によって、サービスや取り入れるモデルのタイプには違いがあります。設置数が少ないもの、アフターサービスが行き届いていたりセキュリティが万全なものなど様々なタイプがありますから、しっかりと比較検討して納得できるものを取り入れましょう。

産婦人科でのwifiを取り入れる際に注意すること


産婦人科にwifiを使用することはたくさんのメリットがあります。患者にとってのメリットがとても高く、多くの患者やその家族の満足度を上げることができますし、利用者を増やすきっかけにもなります。それ以外にも病院としての作業効率が上がることによって業務に余裕が出ますし、人件費の削減や残業代の削減といったことができるのもメリットです。
しかし、導入することによって不安なことが電波障害です。産婦人科では多くの電子機器を取り扱っていますし、それらに電波障害が出たら正しいデータ計測ができなくなってしまったりトラブルとなってしまったりする恐れがあります。市販のルーターを使えばすぐにwifiを取り入れることができますが、このような電波障害を起こしてしまうことがあるのでしっかりと注意することが必要です。そこで、事前のリサーチをしっかりと行い、電波計算をしてくれるメーカーに依頼をすることが理想的です。そのようなメーカーに依頼をすると、医療機器への障害が起こることを避けることができるだけでなく、電波が悪くなったり繋がりにくくなったりする時間帯を避けることができるようになります。
また、セキュリティの面でも心配があるものです。産婦人科ではデリケートな情報をたくさん取り扱っているので、外部への流出は絶対に避けなければなりません。そこで、このようなトラブルをなくすためにもネットワークのセキュリティ対策が万全なソフトが導入されていたり、ウイルス対策であったりということがサービスで行われているところをしっかりと選ぶことが重要です。接続パスワードをしっかりと設定することができたり、ブロック機能を搭載していたりするものを提供しているところであればなお安心して使用ができます。