法人向けwi-fiを導入しよう

KOSネットワーク トップ > コラム > 法人向けwi-fiを導入しよう

法人向けwi-fiを導入しよう

法人向けwi-fi導入の魅力を知ろう


法人の中にはネットワーク環境の構築、見直しを検討している管理者もいるのではないでしょうか。今ではネットワーク環境は生活において欠かせないものの一つです。そのため、戸建やアパート、マンションなど一般家庭だけでなく、街中には公共無線が設置されたり、法人においても法人向けのwi-fiを設置していたりする会社は多いです。では実際に導入することでどのような魅力を得ることができるのでしょうか。
例えば有線から無線に変更ができることです。パソコン等にはネットワーク環境を構築するためのLANケーブルを繋ぐことができます。従来においては有線でパソコンにネットワークを繋げるのが一般的でした。しかし、LANケーブルは線になるので、机の上や下にたくさんの線が通っている状態になることもあります。ローラーが搭載されている椅子を使用していると線がローラーに引っかかり動きにくいと感じたりする人も少なくありません。また、お掃除をする時には一度、LANケーブルなどの線を回収してから掃除機をかけなくてはなりません。そのため、掃除の時に手間を感じる人は少なくありません。法人においてはオフィスに来客が訪れることもありますが、複数の線が机の上や下にある状況だと、クライアントの中には見栄えが良くないと思う人も少なくないでしょう。もし法人向けのwi-fiに変更すれば、無線通信が可能になるので、LANケーブルの数を減らすことができます。
その他の魅力としては移動しながらネットワーク通信が可能な点です。基本的にデスクトップパソコンで移動しながらインターネットなどを閲覧する人は少ないですが、ノートパソコンを導入している企業も多いので、先輩の机までノートパソコンを持ち歩き、何かアドバイスを頂くことが多い人も多いでしょう。もし有線環境であればLANケーブルを付けながら移動しなければならないので、移動しづらいと感じる方も多いです。もし法人向けのwi-fiを導入すれば、線を繋ぐ必要が少なくなるので、移動しやすくなります。企業の中にはパソコンだけでなく、会議でタブレットを使用したり、連絡を取り合ったりするためにスマホを導入しているところも少なくありません。一般的にキャリア契約をしている人が多いですから、通信量が多いと通信制限をかけられる可能性があります。もし法人向けwi-fiを導入すれば通信量を節約できるので、通信量のプランを見直して費用負担を少なくすることも可能です。

様々な法人向けwi-fiがある


今では法人向けwi-fiの中には特定の法人向けの製品を販売している業者があります。例えばホテルです。ネットワークがない環境は不便さを感じる人も多いですので、もし宿泊するホテルにwi-fiがないと宿泊客の中には困ってしまう人も多いです。特にホテルにおいては日本人だけでなく海外の人も宿泊することも多いので、wi-fi以外の方法で通信すると多くの費用がかかることから、wi-fiを利用してインターネットで観光地などを調べたいと思う方も少なくありません。もしホテルなどが法人向けのwi-fiを設置すれば顧客満足度をアップできる可能性があります。客室にネットワーク環境があればスマホで調べ物ができます。利便性を感じる顧客が増えるため満足度を高められ、また宿泊したいと考える顧客が増えればホテル側の利益アップにも繋げられる可能性があります。
ホテル以外にも学校を挙げることができます。学校の中には生徒がタブレットで通信をするケースもありますが、職員室などでは先生が事務作業などをしているのでインターネット環境が構築されていれば利便性を感じる人は少なくありません。基本的に学校においては生徒のデータなど個人情報を扱う機会も多いので、設置する法人向けのwi-fiにおいては高いセキュリティが求められることがあります。学校向けの製品においては高いセキュリティを確保しているので安全に運用できます。

法人向けwi-fiを設置する業者を選択しよう


現在では法人向けwi-fiを導入してくれる業者は複数あるので、会社や学校などの法人の中にはどのような業者を選択すればいいのかわからない人も少なくないでしょう。
選び方としては保守サービスが充実しているかどうかです。法人においては万が一トラブルが発生した時に業務が一時中断してしまうこともあるので、できるだけ事業を継続できる環境を整えておきたいと考える人も多いです。そのため、保守サービスが充実している業者を選択して安心して運用したいと考える人は少なくありません。
その他にも選ぶ時は資料請求や購入の相談をして他社の製品と比較しましょう。資料請求をすればホームページよりも詳しい情報が掲載されていることが多いです。複数の業者に資料請求をして製品を見比べて最適なところを選ぶ人も多いです。また、相談をすれば導入後に今抱えている課題を少なくできるかなどをあらかじめ聞いておくことができます。