企業へのwifi環境導入とメンテナンスなどの情報

KOSネットワーク トップ > コラム > 企業へのwifi環境導入とメンテナンスなどの情報

企業へのwifi環境導入とメンテナンスなどの情報

無線LAN環境の導入を検討している企業担当者の方へ



自社にwifiを導入することを検討している企業担当者の方もおられるのではないでしょうか。そのような場面では、専門の業者によって提供されている無線LANソリューションに関する情報も収集しておくことをおすすめします。

近年になって、スマートフォンやタブレット端末が普及され、インターネットは自分たちの日常生活により身近な存在となってきています。例えば、スマートフォンやタブレットでソーシャル・ネットワーキング・サービスやインターネット電話などを利用するユーザーにとって、ネットの接続環境は必要不可欠なものとなっています。そのような状況の中で、職場に無線LANを導入すれば、ネット環境をもっと便利に使用することができるようになります。

無線LANは、その名の通りに、ケーブル配線を行なわずにネットワークに接続することのできる環境です。有線LANの場合、使用する機器を追加するためには、ケーブルやハブなども新たに用意する必要があります。その一方で、無線LANであれば、一台の無線機器によって、数多くの端末をネットワーク接続することが可能です。そのため、機器の追加や設置工事、メンテナンスなどにかかるコストや時間、エネルギーの負担を軽減することができるというメリットがあります。

また、無線LAN環境ではLANケーブルが存在しない分だけ、外見的にすっきりとした印象となります。こちらのメリットは、顧客の目に触れる場所でパソコンなどを使用するに際して、ケーブル類が散乱して、見映えが悪いという悩みを抱えている人にとって、特に強く感じることができるでしょう。また、ケーブルの経年劣化による断線などから、通信状態が悪化するという不具合もないので、安心感を持って利用することができます。



wifi環境の導入によって得られるメリット



企業にwifi環境を導入すると、作業を行なうにあたっての場所的な自由度が高くなるというアドバンテージもあります。有線LANの場合、作業を行なうことができるのは、LANケーブルの長さが届き、接続可能な範囲内に限定されることとなります。また、LANケーブルを接続した状態で端末を移動させると、ケーブルが絡まるなどの問題も発生することがあります。

その一方で、無線LAN環境に於いては、電波が届く範囲内であれば、どこでも作業をすることができ、ケーブルの差し替えや整理、メンテナンスなどのための負担も掛かりません。そのため、オフィスを移動しながら作業を行なうような環境でも、問題なく使用することができます。無線LAN環境の導入を専門の業者に依頼すれば、事前に電波調査を実施し、それぞれの使用環境に適した設計を行なってくれるので、どうぞご安心下さい。

また、ホテルなどの施設においても、利用者に対してLAN環境を整備する必要性が高まってきています。特に、海外から観光やビジネスで日本を訪れる人にとって、無線LAN環境を使用することが可能かどうかは、利用する施設を選ぶ上でのポイントとなっています。そのようなビジネスを展開し、顧客満足度を向上させたいと考えている方には、無線LAN環境の導入を検討するのもおすすめの方法となります。



その他のチェックポイントについて



これから企業内にwifi環境を導入すれば、スマートフォンやタブレット端末の通信料金を節約したり、携帯キャリアの速度制限による負担を軽減したりするためにも役立つでしょう。無線LANであれば、電波が届く範囲であればスマートフォンやタブレットを使用してインターネットへ接続するために、キャリアの通信環境を使用する必要はありません。

また、無線LANを導入した場合、一つのアクセスポイントから、複数のネットワークに電波を飛ばすこともできます。例えば、会議室などで来客用の無線LAN環境を整備する場合、社内スタッフとゲストでは、別々のネットワーク環境を構成することができます。そのため、ゲストに社内のネットワークへ入られる心配はなく、セキュリティの面でも安心して利用することが可能です。

そして、無線LANの導入を検討している会社にも、病院や福祉施設、ホテル、学校など、さまざまな業種のところがあります。そのような状況の中で、それぞれの業種における導入実績があり、その中で培ったノウハウを活かして、業種ごとの適切な機器・仕様設定を行なってくれる業者は、幅広いシーンで活用することができます。

また、無線LANを導入した後、ネットワーク環境のメンテナンスサービスにも対応してくれる業者は、利用価値が高くなります。このような業者を利用すれば、機器の故障や、ケーブルの断線などの問題が発生し、自社のビジネス活動が停止してしまうリスクも低くて済みます。中には、24時間体制で保守サービスを受けることのできるオプションを用意している業者も存在するので、気になる方は探してみても良いです。