一般電話と機能に違いがあるビジネスフォンは医療現場に最適

KOSネットワーク トップ > コラム > 一般電話と機能に違いがあるビジネスフォンは医療現場に最適

一般電話と機能に違いがあるビジネスフォンは医療現場に最適

一般的に住宅で活用されている電話とビジネスフォンには大きな違いがあり、利用目的だけでなくシステムの構造自体が異なっています。事業所における日常業務に不可欠なビジネスフォンですが、大半の場合は構造や仕組みを知り得ることはなく、漫然と利用しているのではないでしょうか。これらの違いを把握できれば、よりビジネスフォンのメリットを活かした使い方が可能になります。

ビジネスフォンの仕組み


ビジネスフォンという名前の通り、事業活動の遂行に即した形のシステム構築がなされています。まず主装置と呼ばれる機器が備えられ、その機械を通す形で外線通話や内線通話の切り替えを行います。オフィスに備え付けられている一般的な電話機の多くがこの仕組みを採用しており、いわば主装置は親のような存在です。その下に無数の電話機が存在しており、独自の電話システムを構築しています。ですから電話会社からの回線は主装置を必ず通すことになり、これを通さずに電話を受けることはできません。数多くの処理をこなす必要があるため様々なユニットやCPUが格納されていて、家庭用電話機のシステムとは全く別物です。その際に利用される電話機は業務目的に適したタイプの機器となり、数字ボタンなどだけではなくその他様々なボタンが取り付けられています。システムの構築方法のみならず、求められる機能性や使用する機器の種類なども独自のものとなっています。
例えば、電話がかかってきた場合、一般的な機器であればその1台しか同時に対応することができませんが、この仕組みを採用しているビジネスフォンの場合は、設定内容に応じて複数の機器端末において対応することが可能になります。仕組みにも多くの違いがあるからこそ業務目的で活用した場合の利便性が飛躍的に高まっています。

一般の電話との違い


一般の機器とビジネスフォンでは、上記のようなシステムの仕組みが全くもって異なります。一般のタイプは非常にシンプルで、主装置を通すことなく直接端末において回線を受けられます。それに対して企業で使われるタイプの機器は、主装置を介した上で各端末に振り分けています。その他にも違いは豊富にあり、内線機能の有無も異なる点です。家庭用端末であっても内線自体は可能ですが、あくまでも親機から子機へ内線をかけるというものです。日常の業務を円滑に遂行するためには、企業内での内線通話が必要不可欠となるため重要視されています。
そして、保留機能にも一般の機器と業務用機器では大きな差があり、例えば外線にAさんが対応した場合、保留した状態のまま他の社員に対して転送することができます。一般の端末ではそもそもこの機能は不要なため設けられていませんが、これが実現できるのも主装置の働きがあってこそです。そして最大の特徴ともいえるのが、複数の回線に対応している点です。同一の電話番号に同時に複数の人が電話をかけた場合、一般家庭の場合は1人しかしゃべることができません。ですがビジネスフォンであれば、数人や場合によっては数十人規模で同時対応が可能になります。特にコールセンターで利用されることが多く、前の通話の終了を待つことなく対応できるのは大きなメリットでしょう。
そもそもこれら2種の違いは、電話機の機能性にも差があるため、端末固有の性能にも影響を受けることがあります。

医療現場でのビジネスフォンの必要性


医療の現場でビジネスフォンを導入することにより、コスト削減や外線、内線の自由度が大幅に増します。1台にひとつの電話番号を割り振ると、その分基本料などが高額になってしまいますが、ビジネスフォンを用いて同時に多数の機器端末で対応できるようにすれば、コスト削減ができるうえに利用者を待たせることなく通話が可能です。また医療現場といえば、外線のみならず内線電話も頻繁に使うため、この機能性には特に注目したいです。頻繁に行う内線通話は当然通話料金がかからないため、コストの高さが気になる場合であっても安心です。
他にも、IP電話機能やAXモバイルリンク機能、ボイスメール機能などを利用できるため、これまで以上に利便性が高く、経営者にとっても医療従事者にとっても理想的なでは環境が整うでしょう。実際に病院などをはじめとした業界にはこのようなシステムの必要性が高く、次々と導入する医療事業者が増えています。ひとつの電話番号に対して同時に複数人の体制で対応ができるというのは、人間の生死に関わる現場でもある病院などにとっては、喉から手が出るほど欲しい機能なのではないでしょうか。導入することで、これまでのものとの違いが明確にわかるでしょう。

まとめ


一般の電話端末とビジネスフォンには多くの違いがあり、そのシステムや仕組みが違うだけではありません。ビジネスフォンだからこそ可能なこともたくさんありますし、コスト削減が期待できることも魅力のひとつです。同時に電話対応しやすくなり、その他にも各種機能が利用できるのは医療現場にとってはとても喜ばしいことです。圧倒的多数のメリットがあるからこそ導入するところが増えているのでしょう。