ホテルにwifi設備を設置するメリットと導入方法

KOSネットワーク トップ > コラム > ホテルにwifi設備を設置するメリットと導入方法

ホテルにwifi設備を設置するメリットと導入方法

wifiの必要性


スマートフォンやタブレットが私たちの生活になくてはならないものとなったことで、同じくwifi環境もなくてはならないものになっています。スマートフォンは契約しているキャリアの電波があれば利用できますが、タブレットはインターネット環境に接続しなければ使用ができません。また、スマートフォンについてもキャリアの電波では月々の使用量が限られているということもあり、極力wifiを利用できる方が便利ですし、人によっては通信制限がかけられているために動作が低いということもあります。そのため、今はホテル選びの基準としてネットワーク環境を確認するという人が増えています。
ホテルを選ぶにあたって人によって条件はさまざまです。朝食が無料でつくこと、大浴場があること、サービスが良いこと、アクセスが良いことなど、その優先順位も人によってさまざまです。しかしながら、今はインターネット環境については世代を問わずかなり上位に位置づけられています。これは外国人旅行者が増えたことも背景としてあります。外国人旅行者は日本国内で利用できる携帯電話やスマートフォンを持ち合わせず来ていることも少なくありません。そうすると地元との連絡を取る手段としてネットワークを利用する必要があります。旅行場所を確認するためにもインターネットに接続をする必要があり、そのためにネットワーク設備の設置については優先順位の特に上位にあげられるようになっているのです。
そこで、今では多くのホテルでwifi設備を導入することを検討していますし、実際に多くの現場では導入がされています。ただし、簡単にできることではないですし、コストもかかるものであるために利益があるからと簡単に取り入れるのではなく慎重に考えることが重要です。

wifi設置へのニーズの高さ


私たちの生活で何をするにもスマートフォンを閲覧して情報を収集することが多いです。これは旅行にあたっても当てはまることです。今まではガイドブック片手に旅行をするのが当然でしたが、今ではスマートフォンで情報閲覧するのが当然になっています。電子書籍が流通していることで、電子書籍でガイドブックを購入して閲覧しているという人も少なくありません。ガイドブックを見なくてもインターネットで情報収集をすれば十分事足りるケースも多いので、スマートフォンやタブレットを使用できるということが旅行ではもっとも重要であると言っても過言ではありません。
昔は旅行前に全ての情報収集をしていましたが、旅行中でも情報収集をしたりその場で宿泊先やツアーの調達をしたりということも最近では当たり前になっています。これはスマートフォンが普及したからであり、臨機応変に情報を仕入れて効率よくなおかつリーズナブルに旅を楽しむ時代になったのです。そこで、インターネット環境が設備として導入されていない環境というのは旅行者にとっては旅に支障をきたしてしまいます。そこで、インターネットに接続できる環境がないというのはエアコンがないとか、部屋にトイレがないというのと同じくらい不便なことなのです。
今ではホテルを検索するにあたっての条件として無料wifi設備があるというのが検索条件の項目としてもあげられており、顧客を獲得するためにはインターネット環境の整備がとても重要なことであり、地方都市でもこのニーズは高まっています。逆に、インターネット環境が整っている宿泊先があればその地域には日本人観光客はもちろんのこと、外国人観光客も多く集めることができるようになり地域活性化にも大きく役立つのです。

wifi設備設置に向けて


ホテルにwifi環境を導入するにあたっては、基本的にはアクセスポイントを同じネットワークで運用することが重要です。これによって館内のどこにいても設定変更をすることなく常にオンライン状態が維持できます。スマートフォンやタブレットというのは端末が移動することで自動的にアクセスポイントを切り替えることが行われています。間取りや構造によってこのアクセスポイントは複数設置する必要があるのですが、対応する数が多いほど安定性が保てる反面コストがかかってしまいます。そこで導入にあたっては台数を抑えてなおかつ安定的に館内全体でインターネット環境が整う設備計画をする必要があります。
また、アクセスポイントを減らしての設置をするにあたっては、景観を損ねないために天井裏に設置をしたり壁面に設置をして効率よく電波を飛ばしたりという工夫をする必要があります。これはいたずらやトラブル回避のために埋め込み式のものを使うというケースもあります。もちろん対応方法によって費用も違いますし、アクセスポイントの数も違ってきます。そこで、設置方法による対応場所のシミュレーション、実際に設置した時の景観というのも確認が必要です。
月々のインターネット使用量も設置するアンテナの形状も、アクセスポイントの数もそれぞれのプロバイダーによってさまざまです。そこで、導入するにあたってはしっかりと見積もりを取って最もリーズナブルで安定して電波供給がされるところを選ぶことが重要になります。そこで、複数社の見積もりを出してアフターケアも含めて最も安心して利用できるメーカーを選ぶようにしましょう。