ビジネスフォンと一般家庭電話の違いや選び方について

KOSネットワーク トップ > コラム > ビジネスフォンと一般家庭電話の違いや選び方について

ビジネスフォンと一般家庭電話の違いや選び方について

ビジネスフォンと一般電話の違いについて


電話を利用することで相手と連絡を取ることができ、現在でも様々な場所で使用されています。例えば会社や病院、一般家庭などです。様々な場所で使用されていますが、企業と一般家庭では使用されている種類が異なります。一般家庭においては家庭用の固定電話を使用するのが一般的です。固定電話は電話回線を敷いてくれる業者と契約をして、その本体は家電製品などで購入をすることができます。一方で会社や病院で使用される電話はビジネスフォンと呼ばれます。では一体家庭で使用される固定電話と会社で使われるビジネスフォンにはどのような違いがあるのでしょうか。
大きな違いの一つとして挙げられるのが内線通話になります。内線通話を使用すれば回線内にいる人と連絡を取ることができます。例えばオフィスの机の上に社員一人ひとりの電話が備え付けられている会社も多いですが、オフィス内で自分のデスクから他の人に連絡をしたいと思う機会もあります。例えば会議資料の打ち合わせや分からないことに困った時に相談することもあるでしょう。一般家庭に搭載されている固定電話においては内線通話がないというケースが多いです。そのため、リビングからそれぞれの家族の部屋に搭載されている電話で内線通話をすることは難しいです。
その他の違いとしては保留転送機能を挙げることができます。保留転送機能とは自分宛ててでない電話に出てしまった時に担当社員にその電話を転送できる機能になります。例えば営業をしている会社ではそれぞれのクライアントで営業担当が異なります。クライアントから電話が来た時には営業担当者宛に電話がかかってきますが、その電話に出た人が担当者でなかったら担当者に繋ぎます。保留転送機能は病院や会社には搭載されていますが、一般家庭ではこのような機能は搭載されていないです。複数回線の接続が可能か否かも固定電話とビジネスフォンの違いになります。一般的に固定電話では電話中に他の人から電話がかかってきた時は通話中になっているので、接続することができません。そのため、電話をしたい人は電話中の状態が解除になってからその人と通話ができるようになります。しかし、ビジネスフォンにおいては複数回線の接続が可能なので、もし他の社員が電話をしている時でも電話がかかってきたらその電話に対応することが可能です。

ビジネスフォンが活用可能な業者について


ビジネスフォンと固定電話の違いはこのように複数挙げることができました。もし固定電話で事業をしている企業がビジネスフォンに変更することで大きなメリットを得ることができます。実際に現在、ビジネスフォンが活用している企業はたくさんいます。
例えば士業です。士業とは弁護士や行政書士など専門の資格を取得している方になります。弁護士や行政書士の人の中には事務所を構える人も多いです。繁忙期には複数のクライアントから電話がかかることもあるので、導入をして複数回線で対応している事務所もたくさんあります。
その他の業種としては不動産です。不動産では主に物件を紹介したり、土地や建物の購入や仲介など不動産に関して幅広い事業を行う会社のことです。実際にお部屋を借りたい人から仲介をお願いしたい方など幅広い人に対応しなければなりません。また、営業をすることもあるので、保留転送を使用したい機会も多いため、ビジネスフォンを導入して業務効率化を図っている不動産会社は少なくありません。コールセンターでもビジネスフォンを活用することができます。コールセンターでは主にカスタマーサポートや通販などでの注文を受けるサービスになります。コールセンターだけでなく病院でも使用されています。病院にはナースコールに対応しなければならないところもあります。また、医師や看護師がスタッフに相談をしたり確認をする機会も多く、既に導入しているところは少なくありません。

ビジネスフォンを導入するための製品の選び方のコツ


ビジネスフォンは様々な場所で既に使用されていますが、これから導入をしたい会社や病院もあるでしょう。実際に販売されている製品の種類はたくさんあるので、選び方コツを紹介します。コツの一つとして挙げられるのがモバイル機能の構築です。固定電話だけでなくモバイル機能を構築することができれば、デスクの上でなくても内線や外線に対応することができるので利便性が高くなると思われるところは少なくないでしょう。実際に製品の中にはモバイル機能が構築可能な製品があり、アクティブなビジネスを実現できる可能性があります。
その他の選び方はスムーズなコミュニケーションが可能かどうかです。基本的に会社や病院では電話で重要なことをアドバイス、打ち合わせする機会もあるので、コミュニケーションがスムーズに行えるものを選択すればしっかりと正確に情報を伝えることができます。