ナースコールシステムのメーカーや利点と業者の選び方

KOSネットワーク トップ > コラム > ナースコールシステムのメーカーや利点と業者の選び方

ナースコールシステムのメーカーや利点と業者の選び方


ナースコールシステムの代表的なメーカーについて



日本には数多くの医療機関がありますが、医療施設には様々な設備が搭載されていて、患者さんのサポートをするための環境が整っています。設備には様々なものを挙げることができますが、その一つにナースコールシステムがあります。ナースコールシステムとは親機と子機で構成されていて、子機でナースコールをすることができます。子機が設置されている場所は様々です。例えば、病室や浴室、トイレや廊下などに設置されることが多いです。また、設置する病院施設の中には階ごとに親機を設置するところもあります。実際にナースコールシステムを設置すれば患者とナースの間で情報を伝達しやすくなるので、数多くの医療機関が導入しています。これから開業をする人や買い換えを検討している方の中にはどのようなメーカーがあるのか知っておきたいと考える人も少なくないので、ここで紹介します。

実際にナースコールシステムにおいては様々なメーカーが製品を発売していて、それぞれのメーカーで特徴が異なります。代表的なメーカーの一つとして挙げられるのがVi-Nurseになります。Vi-Nurseはナースコールシステムの中でも最先端の技術が搭載されていることで知られています。Vi-Nurseは操作性に優れているという特徴があります。例えば操作はタッチパネルで行うことができます。実際に現代人の多くはスマホやタブレットの普及によってタッチパネル操作に慣れているので、使いにくいと感じる人は少ないです。これによって直感的に操作ができるので、その施設で働く従業員においても導入後に短期間で慣れることが可能です。また、Vi-Nurseにおいては耐震対策も施されています。地震対策は様々なご家庭で必要になりますが、特に病院は身体に病を抱えている人が多いので、一般的な住宅よりも耐震対策が求められます。また、被害が大きい時には多くの人がその医療機関に訪れることになるので、耐震対策ができていないとすぐに患者さんを対応することができません。Vi-Nurseは壁にしっかりと固定されているので落下の危険性が少ないです。

ナースコールシステムのその他の代表的なメーカーにはNicssがあります。Nicssも操作性に優れており、更に充実な機能がその製品に搭載されています。その機能の一つとして挙げられるのが対応漏れを防止するための呼出履歴を管理する機能です。その履歴を見ることで、患者さんの対応漏れがないか確認することができます。また、生体モニター情報と連動させることができたり、ネットワーク経由での簡単設定なども行ったりすることができます。さらに患者さんにとって使いやすい機能も数多く存在しているので、導入することで様々なサポートを期待することができるでしょう。



ナースコールシステムを活用しよう



このように日本には数多くの代表的なナースコールシステムのメーカーがありますが、実際に活用することで様々な利点を得ることができます。

例えば活用することで施設のどこにいる場合でも患者さんを対応できます。患者さんのが何か要望がある時は、ナースコールを押してその施設で働くナースに対応してもらうことになります。もしナースステーションでしか応答することができなければ数多くのスタッフをナースステーションに配置しなければなりません。しかし、ナースコールシステムを導入すればナースステーション以外からも対応が可能なので、多くの人数が常駐する必要性が低くなります。

その他の利点としてはスタッフの連携をスムーズ化できることです。スタッフの連携をスムーズに行うことができれば業務効率化などにもつながります。当然、業務効率化は結果的に人件費の削減なども期待できるので医療機関側にもメリットが存在しています。また、全館放送への連携も可能なので、一斉連絡をする時も活用することができ、情報を伝えやすい環境を構築することができます。



業者の選び方を知る



Nicssなどの代表的なメーカーのナースコールシステムの導入を検討している人の中にはどのような業者に導入してもらおうか迷っている人も少なくないでしょう。実際に導入をサポートしてくれる業者は多いので、選び方を知ることで自分に合ったをところを選択できる可能性があります。

選び方の一つとして挙げられるのがアフターフォローをしてもらうことができるかどうかです。基本的にナースコールシステムは一般的なお買い物をする時よりも高価です。そのため、アフタフォローなどがないと不安に感じる人は多いでしょう。実際にアフタフォローなどのサービスをしてくれるところは多いので、そのような業者を選択しましょう。

他にも、業者を選ぶ時は実績を確認します。業者の中には実際に複数の施設に導入している経験があるところも存在します。経験が豊富なのでいろいろなアドバイスを得られやすいです。