WiFi構築・電波障害でお困りの方

医療機関等における電波利用状況

PHS、WiFi(無線LAN)、3G/4G(キャリア)を利用されている施設が多く、最近ではローカル5GやsXGPの技術が注目されています。
近年、パソコンやタブレットだけでなく、音声通話用のスマホや離床センサーなどWiFiを活用したデバイスやシステムが増えたことや、患者様や利用者様へのサービスとしてインターネットを提供する施設も増え、WiFiの導入率は年々上昇しています。

医療・介護施設でのWiFi導入状況について

病院でのWiFi導入率は80%を越え、使用用途としては、“施設スタッフのインターネット利用”が一番多く、二番目に“医療情報システム用”として利用されております。

“これで私も電波に強くなる”には、WiFiの電波の特徴や、電波 干渉、WiFi構築のポイント、導入費用例など掲載しております。 ご利用の際は、下記のダウンロードページにアクセスください。
電波を知る!

電波は目に見えないが電波を利用している機器は目で見える!
電波を利用している機器を探す!

近年、医療機関で電波の使う機会が急速に増加してます。WiFiを構築する際、どんな機器が電波を利用しているのかを知ることが大切です。また適切な環境を維持するために、電波をマネジメントすることがリスク回避のポイントとなります。

医療機関での電波利用ってどんな機器!
医療・介護施設でのWiFi導入状況について

病院でのWiFi導入率は80%を越え、使用用途としては、“施設スタッフのインターネット利用”が一番多く、二番目に“医療情報システム用”として利用されております。

電波干渉はなぜ起きる!

同一周波数帯の機器が近くで利用される時、電波干渉が発生します。電波干渉が発生すると、通信速度の低下などの障害が発生します。
WiFiを利用する際、2.4GHz帯の電波を発する機器に気を付けなければいけません。

なぜ2.4GHzは電波干渉が弱いのか?
“これで私も電波に強くなる”には、WiFiの電波の特徴や、電波 干渉、WiFi構築のポイント、導入費用例など掲載しております。 ご利用の際は、下記のダウンロードページにアクセスください。