インターネット回線を冗長化で快適なインターネット環境を!

IPV6IPoE回線の普及により、インターネット回線の高速化が進みました。
とはいえ、ベストエフォートの回線となると、場所や時間帯によっては回線が混雑することもあります。
そんな時は、インターネット回線を冗長化させることで、負荷分散が可能です。

IX2235ルータは、WANポートが2ポートあり、インターネット回線を2回線収容することが可能です。
また、2回線収容することで、回線の冗長化が可能になります。
フロア毎に利用するWAN回線の優先順位を設定することで、回線の帯域の負荷分散も可能となり、快適な環境を整えることが出来るのです。

例えばホテル等の多回線を使用するような建物では、上層階と下層階で回線を分けてインターネットをご利用頂くことも可能です。
そうすることで、インターネット回線の障害時は自動的でWAN回線が切替わり継続してネットの利用が可能となるのです。