災害時でも情報を伝えるネットワークシステム

災害時でも情報を全員に伝えるネットワークシステム

災害時にも活用できるネットワークシステムの導入が望ましい

我々が暮らしている日本は地震をはじめとした様々な災害被害に遭いやすいのが特徴で、災害時に備えたネットワークシステムの構築も求められています。
災害時に備えたネットワークシステムというのは、当然それ以外の際にも大活躍を果たし、ビジネス的にも大きな戦力となるのではないでしょうか。
例えば会社内にいない時に何らかの災害や急な連絡事項が発生した場合、KOSネットワークが提供する「UNIVERGEどこでも内線サービス」を活用することで、たとえ外出していたとしても他のメンバーに容易に連絡ができます。
スマートフォンを内線端末とすることによって通信費用も抑えることができますし、災害の混乱時にスムーズに連絡が取れて情報をシェアできることは、あらゆる面において助かります。
内線同士の連絡だけではなくて、取引先から親機宛にかかってきた電話をそれぞれのスマートフォン(内線)に繋ぐことができますので、ビジネス上も役立ちます。
ネットワークシステムも多種多様なものがありますから災害にも使うことができ、そして多くの人に連絡事項を伝えられる手段は今までにもありました。
しかしKOSネットワークの「UNIVERGEどこでも内線サービス」ですとパケット定額ですから通話料無料ということになります。

災害時にも活用できるネットワークシステムの導入が望ましい

ネットワークシステムで情報を全員に伝えられるシステムを作りたい

今はスマートフォンを使用している人が多いこともあり、非常に便利な時代になりましたが、最大限有効活用できているとはいえません。
しかしKOSネットワークが提供しているネットワークシステムの導入によって利便性の高い活用が可能になるのです。
固定の電話機を少なくすると通常は不便になるのですが、このシステムを導入することによって、固定電話機の削減が進み、それでいて連絡の取りやすさは圧倒的に向上します。
災害時や急な連絡をする際にも、全員に対して伝えやすい連絡手段が整っているというのは嬉しい限りです。
そのうえ通話料を気にする必要がないので、例え電話相手が増えても問題ないでしょう。
内線同士で使用でき、外線通話を各スマートフォンに繋ぐこともできるというのは革新的なことです。
実際に導入している企業や団体もとても多く、いざという際にも活躍すること間違いありません。
KOSネットワークはこのサービス以外にも多数のネットワークシステムを用意しているので、それぞれに合った形をご提案できます。

ネットワークシステムによって情報を全員に伝えられるシステムを作りたい