スマホナースコールで院内コミュニケーション効率化

スマホナースコールを活用して院内コミュニケーションの効率化

院内コミュニケーションはとても重要

病院内で重要視されることはいくつもありますが、スタッフ間のコミュニケーションはすごく重要です。
しっかりとコミュニケーションをとることによって意思疎通がとれますし、それによりミスなども減るでしょう。
それを実現させるためには、既存のシステムを改善すべきなのですが、今注目を浴びているのが、院内ネットワークシステムを用いるという方法でしょう。
例えばナースコールは入院患者にとって生命線ともなるとても大切なものです。
ナースコールに素早く反応してすぐに処置を施すことによって、救われる命も多数あるでしょう。
通常のナースコールはナースステーションでのみ対応可能、ということも多かったのですが、スマホナースコールを活用することで複数台のスマホに対して呼び出しをかけられます。
これにより看護師はすぐさま対応しやすい環境が整えられます。
そして入院患者のいる部屋にカメラを設置していた場合は、ナースコールが鳴った際にスマホにて確認できます。
ただ単にナースコールを受けるだけではなくて、カルテを見ることもでき、高品質な医療が行いやすい環境が整うでしょう。
ナースコールを鳴らした患者だけではなく、他の看護師や医師とのコミュニケーションにも役立てられますので、このネットワークシステム(スマホナースコール)は重宝されています。
ナースコールシステムの様々な利用シーン1.どこでもナースコールに対応2.スタッフの連携をスムーズに3.コール履歴で確実対応4.全館放送への連携も可能

スマホナースコールを活用する

近頃は規模が大きな病院を中心に、様々な病院内システムを導入するようになりました。
当然導入に際しての費用はかかりますが、医療レベルを向上させたり、スタッフにかかる労力を少なくすることができるので、コストパフォーマンス的には優れているといえそうです。
多種多様ある病院内システムの中でも特に注目されているのが、スマホナースコール(ネットワークシステム)なのですが、ナースコールの受信の際には部屋番号や患者名まで表示させられます。
これにより目的の部屋まですぐさま駆けつけることができますし、スマホナースコールのおかげで常にナースステーションで待機しておく必要がなくなるでしょう。
さらにスマホナースコール(ネットワークシステム)では、スタッフ同士でのチャットや内線電話機能まで備わっています。
病院内のネットワークシステムの確立によって、医療体制が整います。
スマホナースコールによりコミュニケーションを効率的にとり、質の高い医療を提供したいです。
スマホナースコールを活用する