社内の携帯料金を削減したい

社内の携帯料金を削減したい

どこでも内線ソリューションの導入で各業務がスムーズに進む

携帯電話はプライベートだけではなくて、ビジネスでも使用されています。
仕事で外出中に、会社外の人(取引先)などから、自分宛に会社に電話がかることもあります。
通常は、自分が外出中だと帰社した後に電話をかけてきた人宛に、折り返しの電話をすることになるでしょう。
この方法だと急ぎの電話の時には困りますし、折り返しの電話をした際には、相手が不在になっているかもしれません。
スムーズな電話でのやり取りができなくなってしまい、ビジネスに大きな悪影響が出てくる可能性もあります。
このような悩みは多くの会社・ビジネスマンが抱えていると思われますが、どこでも内線ソリューションを導入することによって解決させられるでしょう。
このシステムは病院内システムで有名なKOSネットワークが提供するサービスです。
ビジネスは素早いレスポンスが重要!

業務(社内)でかかる携帯料金が痛手になる

上記のように病院内システムで知られているKOSネットワークのシステムを使用することによって利便性は確保できますが、肝心な部分は料金です。
しかしどこでも内線ソリューションを会社に導入することで、各スマートフォンを内線化できるので、当然必要になる固定電話の台数が減ります。
これによって大幅な電話代の削減効果も期待できるでしょう。
例えば取引先から電話があり、担当者が外出していた場合、後ほど折り返すと当然電話代の負担が発生します。
ですが取引先からの電話をすぐさまスマートフォンに内線転送すると、余分な電話代がかからなくなり、トータルの社内での出費が削減できます。
病院内システムで多くの経験を積み重ねているだけあり、この他にも魅力的なシステムを多数提供しています。
通話料金管理システムCR1000を導入すると、外線と内線番号ごとの電話料金などを瞬時に知ることができ、社内の無駄な支出の防止につなげることができるでしょう。
病院内システムの導入により多くの病院がその恩恵に預かれるようになりましたが、同様に社内システムを取り入れることで、多くのメリットを享受できるようになるでしょう。
上記したどこでも内線ソリューションだと、相手先に自分の携帯電話の番号を知られる心配もないので、気兼ねなく通話できます。
これらの他にも、スマートフォン内線化ソリューションや印刷コストを下げるために有効活用できる社内システムが多数用意されています。
社内に内線ソリューションを導入する