医療現場の「9K」を解決する病院内システム

医療現場の「9K」を解決する病院内システム

医療現場で問題視されている9Kとは

医療従事者も一人の人間です。いつミスが起きても不思議ではありません
様々な業界で「○K」という言葉が使われることがあります。
Kには「かきくけこ」からはじまる語句が入ります。
例えば「3K」だと、3つの「かきくけこ」から始まる語句が入るのですが、あまり良い意味では使用されず、「汚い」「臭い」などが入ることが多いようです。
医療現場にも「9K」と呼ばれるものがあり、他の業界で使われている「K」と同じようにマイナスイメージを生み出してしまうものばかりです。
医療現場における「9K」の代表的なものに、「汚い」が挙げられます。
近年は環境が整備されており改善されつつありますが、まだまだ改善する余地はあるでしょう。
「きつい、厳しい」というワードは、昼勤務だけでなく深夜勤務があること、体力面でも精神面でも疲労がたまりやすいことなどから生活に支障が出ることもあるようです。
また医療現場ならではのKには「危険」もあり、伝染病が移るケースや血液が原因で感染してしまう可能性も多少はあります。
他に言われているKは、「規則がきつい」「給料面の不満」「薬が必要になることがある」「化粧が上手く決まらない」「休暇がとりにくい」「結婚しづらい」。
これら全部合わせて9つが、医療現場でささやかれている「9K」です。

9K問題から脱却するために病院内システムを活用すべき

9Kの中には、なかなか改善しづらい問題もありますが、病院内システムの導入で業務の効率化を図ることで、休暇がとりやすくなる、業務のきつさを緩和できるなどの効果があります。
医療現場で働いている多くの人にとってこれらの問題はとても大きいものではありますが、改善できる可能性があることも理解すべきです。
病院の中には人手不足のせいで、余計働く環境が悪化しているケースは山ほどあります。
患者さんに対してベストな対応をするためにも、人手不足の解消は急務でしょう。
医療事故はどうすれば防げるのか?例えば夜勤の看護師に負担がかかる…というケースでも、PHSやスマホでナースコールを受けることができる病院内システムを導入することで、驚くべき改善がみられるようです。
大きな病院だけではなく様々な病院で、実際に各種病院内システムの導入が進められており、コスト以上のパフォーマンスを得ていると評判です。
「9K」に関する問題は確かに医療従事者に大きくのしかかってはいるものの、諦めるのではなく、自分の病院にマッチしているシステムについて考慮して導入をしてみることも重要でしょう。