医療事故防止にも役立つ病院内システム

絶対に防ぐべき必要がある医療事故は病院内システムの改善から

医療従事者も一人の人間です。いつミスが起きても不思議ではありません 医療現場においてもっとも禁忌されることがらといえば、間違いなく医療事故でしょう。
本来起こってはいけないことですし、世間から大きな批判にさらされることも少なくありません。
場合によっては命にかかわる事故にもなり、多くの病院では医療事故が起こらないように、様々な策が練られ、実行されていることでしょう。
ただし医師や看護師も人間ですから時には間違いも犯しますし、うっかりミスもするでしょう。
医療においてミスや間違いはあってはいけませんが、ある一定確率で起こることを想定の範囲に入れておく必要もあるのです。
病院内システムは、この医療事故が発生する確率を下げることができる可能性を持っていると言えるでしょう。
事故が発生する原因はひとつではありませんが、医師や看護師間の連絡・連携のミスによって起こることもあります。
これを防ぐためには医師・看護師間でコミュニケーションを取りあい、連携を強める必要があります。
連携強化のアイテムとしては、専用スマホの活用が挙げられます。
病院内システムで利用される専用スマホは、連携を強化するという目的以外にも直接的に医療事故を防止する狙いもあります。
病院内システムの処置入力システムが入っているスマホであれば、いつでもデータを閲覧することができるので、ミスの予防にもつながりやすいのです。

医療事故はどうすれば防げるのか?

上記したように連絡体制を改めるというのは直接的な医療事故の原因を断つ良い方法ですが、これら以外にも方法はあります。
まずは責任感を持って仕事をするということです。
とても基本的なことですが、慣れてくると惰性で動くこともあり、思わぬミスをしがちです。
そして病院側が全てのスタッフ向けに医療事故防止のための講習を開いたり、ミスが起こりにくい環境を作ることも重要でしょう。
病院内システムは、この環境作りの際にも役立たせることができます。
また思い込みをしないためにも、きちんと確認をすること、そして確実な情報を参考にするようにしてください。
ある看護師へのアンケートを見てみると、医師から受けた指示を勘違いしそうになった経験がある人は、50%を超えており、いつ医療事故が発生してもおかしくない状況といえます。
その理由は看護師側に問題があるケースもあれば、医師の伝達が不十分だというケースもあります。
正確性の高い伝達方法に改めることで、こういったミスを防ぐことができそうです。
そのためにも、病院内システムが組み込まれているスマホ処置入力システムを使用すると良いでしょう。
医療事故はどうすれば防げるのか?

ご予約・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。

050-3538-0425

お問い合わせ