PHSを最大限に活用できる病院内システムの利便性

PHSを使った病院内システム

病院内で働いている人達は元々PHSを使用していましたが、近年は病院内システムの発達により、活躍の場が増しています。
入院患者さんがいる病棟では当たり前のようにPHSが用いられており、これによって看護師同士や医師同士の連絡が行われています。
ただPHSはもともとそこまで高機能ではありません。
ですが病院内システムと融合させることにより、かなり便利度の高いツールに生まれ変わるのです。
通常、看護師はナースコールを受けるために、ナースステーションにいる必要がありました。
しかし、慢性的な人手不足という事もあり、ずっとナースステーションに留まっているのは難しいですし、人材を効率よく使えないのは人件費のムダにもなります。
PHSでナースコールを受けられるようにした病院内システムが登場しており、
そのシステムを利用するとナースステーションを離れていても患者さんの声に応答できるようになります。
もしナースコールが鳴っていても気がつかないor出られなかった場合は、履歴が記録されますので、すぐに患者さんの元に確認に行くことができます。
また、PHSの画面には日時なども表示され、記録が保存されるので何度も見返すことができ大変便利です。
入浴介助や他にも水を使用する業務はいろいろとありますが、防水対応型のPHSだといざという時に故障することなく安心して使用することが可能です。
病院内システム+ PHSで業務効率化。どこにいてもナースコールに対応できる。履歴が記録されるためナースコールの見落としゼロ。記録が自動的に保存される記録ミスがない。スマホにすることで。病院内システム+ スマホでさらに便利に。電話をかける事ができる。一括でスタッフに連絡できる。迷惑電話をブロックする。電子カルテの閲覧ができる。

PHSが活躍するケースは多い

上記以外にも緊急事態や用事がある際に医師に電話をしたり、看護師に電話をかけることもできます。
病院では一刻一秒を争うことが多いので、必ずや役立つことでしょう。
また外部からかかってくる迷惑電話の対策にもなるため、業務の妨げになりにくいです。
他にも機能を持ちあわせており、病院への来客に対してPHSを使用して対応でき、スムーズに患者さんや来客に対して対応できます。
このようにPHSは使い勝手も良くて、業務においても大活躍してくれるのですが、もっとグレードアップさせることもできます。
PHSを使用するのではなくて、スマートフォンを導入するというものです。
病院内システムはPHS(一部スマホ)と融合することで、より多機能で使いやすくなる。PHSであれば一度にすべての看護師にナースコールを伝えることはできませんが、 スマートフォンだと一度に知らせることができるので、素早い対応ができるようになるでしょう。
そしてスマートフォンだと、電子カルテの閲覧もできるため、様々な場所でチェックや各種判断ができます。
PHS(一部スマートフォン)に関する病院内システムの進化により、利便性は年々高まっているでしょう。
負担軽減や看護体制の充実化に一役買ってくれています。

ご予約・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。

050-3538-0425

お問い合わせ