病院内システムで医師・看護師間の連携をUP

病院内システムがあると医師と看護師がコミュニケーションを取りやすくなる!

医師と看護師は同じ病院内で働いているにも関わらず、しっかりコミュニケーションが取れていないことが多々あります。その結果、伝えるべき事が伝わっていないなどの問題が発生することもあります。
単なるコミュニケーション不足で済むこともあれば、それによって大きなトラブルに発展することも多いようです。
医師と看護師の連携次第では防げる問題はたくさんあるのです。
投薬ミスにはじまり、各種伝達ミスはあとを絶たないのが現状かもしれません。
こういった問題点を解決に導くためにはコミュニケーションの強化が必要不可欠で、それを可能にするのが病院内システムです。
病院内システムを導入している病院は日に日に増えていると言っても過言ではなく、患者さんは当然ですが、医師や看護師にとっても心強い存在です。
病院内システムには小型のPHSがあります。
PHSを活用することで今まで以上に看護師は医師に対して、そして医師は看護師に対してコミュニケーションがとりやすくなります。
それによって、いざという時にも迅速な判断ができますし、ナースコール一斉呼び出し機能が付いているタイプ(スマートフォン連携ナースコール)もあります。
これらの活用によって、看護師や医師はより早く患者さんの元に駆けつけることができ、早く処置を行うことができ、クオリティの高い医療の提供が可能となります。
病院内システムを導入すると。医師と看護師のコミュニケーションが密でスピーディーに。患者さんの処置もスピーディーかつ的確にできる!!病院内の業務が効率化される。医師・看護師の業務負担が軽減され、快適に働ける!。多くの患者さんを受け入れることが可能になる!!

病院内システムによって業務の効率化もできる!

多くの病院では現在、深刻な労働者不足が続いています。
また、病院内の仕事というのは楽なものではなく、一人で様々な業務をこなさなくてはいけません。
業務量が増えると当然ミスをする可能性も増えますので、病院内システムを導入して各種業務を効率的に行えるようにすべきでしょう。
それにより集中して業務にあたれるようになり、結果的に医師と看護師間のコミュニケーションを図る時間ができ、連携強化の役立つのです。 病院内システムで医師や看護師の仕事にも余裕ができ、笑顔も増える!
こういった病院内システムには複数の種類があり、どれが必要かを見極めて導入することで飛躍的な効果が期待できます。
実際に多くの病院でシステムを導入していますが、色々な効果を実感しているようです。
医師と看護師間の連携が取れないと手をこまねくのではなく、最新の病院内システムを使用してみることをおすすめします。
医師と看護師の連携をアップすることによって、スピーディーかつ確実性の高い医療を提供でき、多くの患者さまの命を救うことができるのです。

ご予約・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。

050-3538-0425

お問い合わせ