患者さんをスムーズに案内する病院内システムで顧客満足度をアップ

外来患者さんが満足できる病院づくりが不可欠

外来患者さんが満足できる病院づくりが不可欠 病院の数も多いため、どうしても競争が生じます。
人気のあるところは常に患者さんがたくさんいる上業務効率が良く、不満も少ないものです。
一方、評判の良くない病院の最たる不満点として挙げられるのは、外来患者として病院を訪れた際の待ち時間にあります。
受診する科やタイミング次第でもありますが、数時間待つことも当たり前にあります。
それにやっと受診してもらえても、検査のためにまた長時間待ち、挙句の果てには会計に時間を要すということもあります。
健康ではない人が行くところですから、こういった外来の患者さんが困る事態は避けたいところです。
もちろんこういった問題点を改善することで、病院側もスムーズに事が進みます。
病院内システムを変えるのは簡単ではありませんが、その病院内システムを使いスムーズに患者さんを案内することができれば、労力以上の見返りが期待できます。
一例として、病院側から患者さんの順番をモニターなどで知らせるシステムがあります。
このような患者呼出システムがあれば、病院に訪れる患者さんのストレスを軽減することもでき、迅速な案内が可能になります。


病院も満足度アップを図ることが大事!

他の業種と同様、病院も顧客満足度は重要です。
顧客満足度が低ければ、次に患った時にもまた同じ病院で受診しようとは思わないでしょう。
つまり、外来患者の目線に立った運営が必要なのです。
呼出受信機というものを患者さんに持ってもらうことで、診察室や会計所の近くから離れていても、自分の順番が来ていることを伝えられます。
特に大きな病院では、患者さんは常に待合室にいるとは限りません。
看護師が病院内を探して回ることもあるでしょう。
ですがこういったシステムがあると、患者さんも呼び出しに気付きやすくなります。
こういった病院内システムを導入するのも、顧客満足度を高める施策のひとつです。
現状の病院内システムに満足していない場合や問題点がある場合、顧客満足度を向上させたい場合にも、患者呼出システムは活躍するでしょう。
外来病棟が抱える問題の多くをシステムを活用することでうまくカバーできるかもしれません。
患者さんだけではなく病院で働くスタッフのためにもなります。
確実に患者さんを呼び出せるため名前を違える等のリスクを低下させられますし、看護師一人を雇うよりもコスト削減になることは間違いありません。

病院も満足度アップを図ることが大事!

ご予約・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。

050-3538-0425

お問い合わせ