看護師不足を解消し業務効率化する病院内システム

Phone

看護師不足を解消するなら

看護師不足を解消するなら
看護師が不足している病院は、現在とても多く、看護学校に通い実際に看護師になる人数も少なくなっているといいます。
看護師が激務であるというイメージがあまりにも定着しすぎたことも原因でしょう。
病院に看護師が少ないのは、看護師の職場が病院以外にも多くなってきたからという理由もあります。
そのために病院内が効率よくまわっていかないという事態が起こっている病院も少なくありません。
しかし業務効率化のためとはいえこれ以上看護師を増やすのは…というのが現状であり現実。
でも、他の方面からアプローチをかけることによって、看護師不足による業務の非効率化を解消し、業務効率化をはかることができるのです。
その方法というのは、ナースコールシステムなどの病院内システムを導入することです。

ナースコールとPHSシステム導入のメリット

看護師不足で仕事がうまく回らないというのは、ナースステーションに人員が割かれているからです。
ナースコールシステムがなければ、ナースステーションに誰かが常駐していなければ対応することができません。
通常はナースステーションにのみコールが伝わりますから、そこにいなければ対応できませんし、他の業務に人を割いていたらいざというときに対応できずに大変なことになる可能性もあります。
そういうわけで、看護師不足であるにもかかわらずナースステーションに人員を割かなくてはなりません。
病院内システムとしてPHSと連動したナースコールシステムを導入すると、病院のどこで何をしていても呼び出しに応じることができるためナースステーションにわざわざ誰かを常駐させる必要もありません。
看護師不足の病院でも、きっちりとナースコールに対応しながら他の仕事もできるというわけです。
しかもこのPHSというのは、ナースコールを受信するためのものだけではありません。
医師と看護師、看護師同士など病院内のスタッフとも通話することができる「連絡用のマルチツール」として機能します。
このような病院内システムを導入するには初期費用がかかりますが、看護師不足による非効率化を解消できることを考えると安いものです。
他の看護師を雇うよりも病院内システムを充実させて業務効率化をはかるほうが長期的に見てもメリットになるでしょう。
患者さんを待たせないためにも、ナースコールシステムとPHSを導入するようにしましょう。
より長く、より実用的に効率よく使えるナースコールシステムなどの病院内システム。
その導入こそが、現在看護師不足という問題を抱えている病院が問題を解消することのできるより良い手段だと言えます。

ナースコールとPHSシステム導入のメリット