導入事例

ネットワークシステムで開業の初期コストを抑えるオフィス電話

ネットワークシステムの活用で開業時のコストを抑える

事業を起こす際や支社を立ち上げる際には、様々なコストがかかってきますが、その中でも電話にかかるコストは意外と大きなものがあります。
一般個人であれば自宅に電話機がないという状態も不自然ではありませんが、開業しているのに電話がない…という状況はやはりおかしいです。
オフィス電話導入の初期コストの削減を実現させるためには、クラウド型PBXを活用することもひとつの方法でしょう。
まずこのネットワークシステムを導入することで電話交換機(PBX)が必要なくなりますので、その分のコストを抑えられます。
オフィス電話で使用する電話交換機(PBX)は決して安い価格ではないので、この金額を浮かすことができるのは大きなメリットではないでしょうか。
開業するにあたっての電話設備への投資にかかるコストはネットワークシステムの登場により、かなり安価になってきています。
またこのクラウドPBXの導入によって、手持ちのスマートフォンにて内線をかけることができ、大幅なコスト削減が見込めます。
通常外出中の社員が自分のスマートフォンからオフィスに電話をする際には電話代がかかりますが、内線による通話となると費用負担がなくなるので、これは会社としても大きなプラスとなるでしょう。 ネットワークシステムの活用で開業時のコストを抑える

開業をする際にはネットワークシステムの利用で電話にかかるコストを削減

上記した方法ですと電話交換機(PBX)がいらないので、気軽に設備投資が行えます。
今までは隔たりがあった社内と社外の通話についても内線利用によって非常に利便性が増します。
例えば外部からオフィスにかかってきた外線電話をスマホに内線で繋ぐこともできるので、電話対応を今まで以上にスムーズに行えます。
コスト負担も減るだけではなくて、例えば外線電話をかけてきた取引先からの信用も高まり、ネットワークシステムは良いこと尽くめだと言えるでしょう。
開業をする際には様々な設備投資が必要になりますから、莫大なコスト負担が発生するものです。
しかしオフィス電話の導入方法を少し変えるだけでも初期コストの削減ができ、尚且つ便利に使用できるのです。
インターネット全盛の時代ではありますが、企業活動をするうえで電話での通話は欠かせません。
通話が果たす役割は非常に大きいものがあるのですが、その反面、通常はそれに対するコストがかかります。
コストを可能な限り抑えたネットワークシステムを是非とも活用してください。 開業をする際にはネットワークシステムの利用で電話にかかるコストを削減

ご予約・お問い合わせの際はお気軽にご連絡ください。

050-3538-0425

お問い合わせ