新たなビジネスコミュニケーション!電話システム導入のメリット

新たなビジネスコミュニケーション!電話システム導入のメリット

最新の電話システムで新たなコミュニケーションを

電話交換機(PBX)を用いた電話システムを導入することで多くのメリットがあります。


まずスマートフォンと多機能電話機間などデバイスが違うことを意識せずにオフィスや外出先などあらゆる所で、
ストレスを感じずにビジネスコミュニケーションが行えます。
チャット機能やプレゼンス表示と連携しているツールによって、パソコンでチャットやメールを行いながら電話をすることが可能です。
相手や内容の重要さによって適切な方法を選んで、コミュニケーションを行えます。
プレゼンス表示ではネットワークグループによって誰がオンラインであるかを確認することができ、
外出中や取り込み中のユーザーも一目で把握できます。

また、専用のサーバを構築しなくても運用することができ、インターネットを経由していないのでセキュリティの面でも安心して利用可能です。


拠点間内線で円滑なコミュニケーションとコスト削減を実現

拠点が複数ある場合は、拠点間の内線化がおすすめです。
一つの大きなシステムのように色々な機能をユーザー間で共有できます。
例えば閉番方式では内線の番号帯が拠点間でかぶってしまわないように設定をして、一つの拠点であるかのように、自拠点と同じような操作で他の拠点の内線が呼び出せます。
通信料は無料になり、内線接続になるため直接呼び出しが行えます。


本社と紳士背悦のネットワーク構成図


スマートフォンが内線端末に!?どこでも内線サービス

この他、通信料を削減するために自宅や外出先からでも内線通話ができるサービスがあります。
出張先のホテルからでも急な用件をオフィスにいるメンバーに内線番号で伝えることができ、オフィスから外出しているメンバーに内線番号で転送することが可能です。持ち歩く内線端末として、社員同士のコミュニケーションがより活発になります。
スマートフォンを内線端末として扱えるようになるので、デスクにある固定電話を削減できることも、大きなメリットです。


img2_08-1


また保守サービスも充実しているのが魅力です。
もし不具合や故障が発生しても24時間いつでも対応できるため、業務に支障がでてしまう前に対応することができます。
落雷などの災害でも早期に復旧できるよう、最善を尽くしています。
保守サービスの特徴について




参照リンク

スマートフォン内線化ソリューション

複数拠点間の通話料金削減事例

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です